ONYXがE-ink仕様のスマートフォン開発中 #CES2020

公開日: : その他・中華タブレット ,

Onyx-E-INK-Phone-CES2020

ONYXは電子ペーパー仕様のスマートフォンを諦めていないようだ。同社はCES2020において新しいE-inkスマートフォンを披露、一部スペックが伝えられている。

ONYX、新たなE-inkスマートフォン開発中

まだ名前もないONYXのE-inkスマートフォンは試作機として公開されており、スペックシートも用意されていない。同デバイスを報じたNotebook Italiaによれば次のような仕様になっている。

  • 5.8インチE-inkディスプレイ
  • ARMベースSoC
  • USB Type-C
  • 指紋リーダー
  • Wi-Fi / 4G LTE / Bluetooth

OSはAndroid 9.0 PieでPlay Storeをプリインストールしているが、E-inkディスプレイはリフレッシュレートが遅く、タブクルでE-inkタブレットを試したときも実用的とは言えなかったことからテキストベースのアプリが使えたら良い程度だろう。海外メディアではGoogleがPlay Storeを許可するかどうかという話にも触れられていた。

この問題を解決するため、ONYXは4つのリフレッシュスピードを用意しているようだ。

  • ノーマルモード
  • スピードモード
  • A2モード
  • Xモード

同デバイスをレビューしているNotebook Italiaの動画で、上記のモードは試されていないがパーツとデザインが同じになりつつあるスマートフォンの中でONYXの試みは興味深い。

E-inkは省電力なため、モバイルルーターをメインとしたスマートフォンで登場してくれたら有難い。

このE-inkスマートフォンに関して、価格やリリース予定といった情報は用意されていないため、披露された試作機が世に出ない可能性もある。それでも今後が楽しみになる端末と言えそうだ。

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑