iPhone 12は4モデル展開か、最大RAM6GB搭載とも

公開日: : Apple

iPhone-images-20200115

Appleが2020年秋にリリースする予定の次期iPhoneについて、3つのディスプレイサイズの4モデル展開になる可能性が海外メディアより伝えられている。

iPhone 12シリーズは4モデル展開か

MacRumorsはUBSアナリストの話として、iPhone 12シリーズのラインナップは最大RAM6GBを搭載した4モデル展開でディプレイサイズは5.4インチと6.1インチx2モデル、6.7インチになると伝えた。

そのうち、6.1インチの1つと6.7インチは3Dセンシングに対応したトリプルカメラとRAM6GBを搭載し、もう1つの6.1インチと5.4インチはデュアルカメラにRAM4GBを搭載するという。

また、5G通信については2020年モデルのハイエンドiPhoneで重要な機能になると予想されているとも伝えた。

Source:MacRumors

よく一緒に閲覧される記事

iPhone 12は4モデル展開か、最大RAM6GB搭載とも

Appleが2020年秋にリリースする予定の次期iPhoneについ

Apple 初売り、1/2限定で最大24,000円相当を還元中

Appleは1月2日、2020年の初売りを開始した。対象商品の購入

次期iPhone SEの正体は『iPhone 9』か、3D Touch非搭載など

Appleが2020年春にリリースすると噂されるiPhone SE

→もっと見る

PAGE TOP ↑