月900GBな格安SIM『iVideo』のスピードテスト、UQ mobileと比較

2020-02-10 03.15

先日3か月目のレビューとして記事を書いた月間900GBで月額3630円という請求が届く大容量な格安SIM『iVideo』と、主要モバイル回線として使う予定だった格安SIM「UQ mobile」でスピードテストを行ったのでレポートしたい。

なお、上図のスピード結果は131.50Mbpsと高いが、実は最高を記録した速度ではない。

更新)回線が混雑するランチ時のスピードテスト結果を追記した。

更新2)21時台のスピードテスト結果を追記した。

大容量SIM『iVideo』と格安SIM「UQ mobile」のスピードテスト比較

はじめにスピードテストを行った環境に触れると、『iVideo』を入れているのはAQUOS sense3で、「UQ mobile」はiPhone 8(Appleから新品購入したSIMフリー版)となっている。

スピードテストはドコモ公式アプリ(iVideoはソフトバンク回線/UQ mobileはau回線)で行い、実施したのは深夜と午前中、いずれもコンクリート造のマンション内で行った。

それでは結果リストを撮影した写真を見てみよう。

IMG_8571

左から「UQ mobile」/「iVideo」

画面が見づらくて申し訳ないが、上図の下から順に深夜の午前3時が2回、次に午前10時が2回となっている。下りだけをテキストに書き起こしてみると次のようになった。

1回目:70.54Mbps/154.91Mbps(午前3時)

2回目:75.83Mbps/131.50Mbps(午前3時)

3回目:42.86Mbps/88.54Mbps(午前10時)

4回目:88.25Mbps/81.76Mbps(午前10時)

※左から「UQ mobile」/「iVideo」

「iVideo」は午前3時という回線が空いている時間帯に100Mbps超えを連発した。これだけのスピードがあれば困ることはないだろう。午前10時を回っても80Mbpsをキープできている。

記事冒頭の画像は最高速度の154.91Mbpsにしたかったが、そんなに早いことはないだろうと撮影よりも再計測を考えてしまい131.50Mbpsとなっている。

たしかに3か月使っていて「スピードが遅い」という印象を持った記憶がない。

次に下り(アップロード)を見ていこう。

1回目:4.21Mbps/10.86Mbps(午前3時)

2回目:4.02Mbps/9.46Mbps(午前3時)

3回目:4.15Mbps/11.66Mbps(午前10時)

4回目:3.33Mbps/11.42Mbps(午前10時)

※左から「UQ mobile」/「iVideo」

こちらは時間帯に関係なく同じような数字が並んだ。UQ mobileは上限でも設定しているのかと思うほど4Mbps前後で、iVideoは時間を問わず10Mbps前後という驚きの速度を維持した。

このスピードテストは最も回線が混雑する2月10日の12時ごろに再び実施し、その結果を本記事に追記する予定だ。

(追記)2月10日正午にスピードテスト

※ここからは2月10日12時の結果を追記した内容となる。

モバイル回線が最も混雑するであろうランチ時間に計測した。コンビニや仕事終わりでメッセージをチェックするといったことが増えるであろう12時の前半である17分~19分に実行したところ、初回は次のような結果になった。

IMG_8572

左はUQ mobileで一般的な格安SIMの高速モードといった印象の下り32.74Mbps / 上り5.34Mbpsという結果になった。右側は『iVideo』だが下り154.38Mbps/上り10.03Mbpsと快速だ。

その後、2回目と3回目は次のような結果となった。

2回目:32.27Mbps(4.27Mbps)/51.23Mbps(10.31Mbps)Time 12:18

3回目:18.90Mbps(4.40Mbps)/76.81Mbps(9.55Mbps) Time 12:19

※左から「UQ mobile」/「iVideo」、()内は上り。

上記の結果を見ても速度は圧倒的に『iVideo』が早かった。下りで混雑した瞬間だと思われる12時19分にUQ mobileが18.90Mbpsだったのに対して76.81Mbpsを叩き出している。

そして追記しているときに思い出したのだが計測開始のタイミングも異なっていた。計測ボタンを押してから即スタートする『iVideo』と、そこから1秒から2秒をカウントしてから「UQ mobile」はスタートした。これは全ての時間帯において変わらない。

もしかしたら光回線から乗り換えても違和感なく使えているのは接続スピードも高速だったからなのかもしれない。iVideoに限らず無制限や大容量の謳うモバイル回線サービスが増えるのが楽しみになってくる。

(追記2)2月10日21時のスピードテスト結果

今回は自由な時間が増える午後9時00分~05分の間にスピードテストを再び行った。

1回目:52.74Mbps(1.56Mbps)/73.32Mbps(9.21Mbps)Time 21:03

2回目:52.29Mbps(2.36Mbps)/57.64Mbps(8.54Mbps)Time 21:04

3回目:59.28Mbps(2.69Mbps)/75.62Mbps(6.75Mbps)Time 21:05

※左から「UQ mobile」/「iVideo」、()内は上り。

格安SIMの中でもサブブランドとして回線に対する評価の高いUQ mobileだけに下りで50Mbps~60Mbpsと高速を維持、上りは著しく低下していた。

iVideoは混雑時の下りになるとみられた50Mbps台と70Mbps台となった。上りも最大で9.21Mbps、最低でも6.75Mbpsと十分な速度となった。

更新中。。。完了)

前回⇒月間900GBで月額3,630円な格安SIM『iVideo』の3か月目レビュー、回線不通時の対策

よく一緒に閲覧される記事

BIGLOBE SIMの音声SIMが最大7か月間0円に、12か月以内の解約は1000円

格安SIM・MVNOを展開しているBIGLOBE SIMがWeb限

通信3社+ワイモバイル、データ通信量の一部を無償化へ

NTTドコモとKDDI、ソフトバンクの3社は4月3日、25歳以下の

(通信障害)どんなときもWiFiの復旧は4月上旬へ、早めの休止申請を

グッド・ラックは3月21日、モバイル通信サービス『どんなときもWi

→もっと見る

PAGE TOP ↑