楽天モバイルが月2980円でかけ放題・無制限「UN-LIMIT」発表、先着300万名は1年間無料に

公開日: : 楽天

rakuten-news-20200303

楽天モバイルは3月3日、MNOサービスの料金プランとして月額2980円+税で提供する「Rakuten UN-LIMIT」(ラクテン アンリミット)を発表、4月8日より正式サービスを開始する。

料金プラン名は「Rakuten UN-LIMIT」、300万人は1年間無料

楽天モバイルは4月8日よりMNOサービスを本格的に始動する。

その料金プランは「Rakuten UN-LIMIT」(月額2980円)の1つだけででデータ通信容量は無制限、自社アプリ「Rakuten Link」を利用することで国内通話かけ放題(アプリを利用しない場合は30秒20円)となる。

―事務手数料は税込み3300円。

国内のデータ通信と通話について

データ通信に関して首都圏、中部、近畿の一部から順次エリアを拡大させている楽天回線エリアであれば「完全データ使い放題」で、基地局が整備されていない地域はauのネットワークを借りるパートナーエリアとなり、そこではローミングサービス扱いで月間2GBに制限(1GB=500円+税で追加可能)され、超過時は128kbpsとなる。

楽天回線エリアとパートナーエリアの見分け方は「My Rakuten」アプリ上で確認できるが、パートナー回線に接続しないといった設定はできないとしている。

ケータイWatchの取材によると、楽天回線エリア内であればテザリング利用でも使い放題になるようだ。

通話についてはアプリ「Rakuten Link」を使うことで通話かけ放題、SMSでは海外を含めて使い放題になるとしている。

Rakuten-Un-limit

海外データ通信について

海外エリアについては66の国と地域に対応し、データ通信は2GBを上限とし超過時には128kbpsにまで制限される。データ容量の追加は国内と同じく1GB=500円+税。

通話についてはアプリ「Rakuten Link」を使うことで海外から国内へは かけ放題となり、海外宛は国内外を問わず月額980円+税が必要となっている。

特典について

「Rakuten UN-LIMIT」の月額2980円、初期費用として事務手数料 税込み3000円となっている。

しかし、先着300万名に限り月額料金は1年間無料となり、事務手数料3300円相当分が全額ポイント還元される。

この特典を受け取るためには開通日の翌月末までにRakuten LinkでSMS認証(アクティベート)を完了させる必要がある。なお、無料サポータープログラムからプラン変更した場合は対象外となるので既に契約中のユーザーは注意が必要だ。

さらにオンラインで申し込むと6月30日までなら3000ポイントが付与される。

※先着300万名については人数を増減する場合があるとのこと。

最低利用期間やSIMロックについて

楽天モバイルで扱う端末は、いずれもSIMロックがかかっていない状態で提供されることも明らかにしている。

さらに「Rakuten UN-LIMIT」では最低利用期間は設定されず、契約解除料もなく、契約の敷居は低い。

楽天モバイルの山田善久社長は発表会において、2021年3月には全都道府県にエリアを構築することを改めて伝えている。

3月3日の発表後に下記リンク先にて申し込み受付が開始されたが一時はアクセスできなくなる状態であったことが各所で伝えられている。3月4日15時に確認したところ申し込みページは問題なく表示できる状態となっていた。

前回⇒まもなく第4キャリアの新料金を発表へ、楽天モバイルがLIVE配信

リンク:楽天モバイル

よく一緒に閲覧される記事

楽天モバイルが月2980円でかけ放題・無制限「UN-LIMIT」発表、先着300万名は1年間無料に

楽天モバイルは3月3日、MNOサービスの料金プランとして月額298

まもなく第4キャリアの新料金を発表へ、楽天モバイルがLIVE配信

楽天は3月3日15時より携帯キャリアサービスの本格始動と銘打ったプ

楽天は大手3社の半額以下に、月額2980円でデータ無制限プラン提供か

楽天が2020年4月から本格的に参入する携帯電話事業の料金プランに

→もっと見る

PAGE TOP ↑