iPhone 12の発売延期か、数か月から2021年まで遅れるとも

公開日: : Apple

iPhone-11-Pro-Midnight-Green

Appleが毎年秋にリリースしている新型iPhoneについて、新型コロナウィルスの影響により数か月遅らせる可能性が伝えられた。

iPhone 12発売延期の可能性

Nikkei Asian ReviewはAppleの事情に詳しい人物から得た話として、新型コロナウィルスが世界規模で需要を低下させていること、製造スケジュールが遅れていることから初の5G対応iPhoneの発売を遅らせる可能性があると伝えた。

具体的にはAppleが新型iPhoneの発売を数か月遅らせることについて社内で話し合ったとしている。

情報筋の1人は、現在Apple本社で働いていた多数の従業員がカリフォルニア州政府の命令に従い無期限の自宅勤務をしており、5G版iPhoneの発売スケジュールは、その命令が解除されるまで決まらない可能性があると伝えた。

また情報筋は、世界状況を考慮して遅くとも5月頃に最終決定を下すと語っている模様。

さらに、一部の部品サプライヤーは2~3か月の量産スケジュール延期を指示されたと語り、以前であれば6月だが8月末までに出荷を開始するよう通知されているとのこと。

このことからiPhone 12(仮称)の発売は2020年冬か、2021年になる可能性があると伝えている。

前回⇒iOS14で未発表iPhone 9 Plusが発見、A13やTouch IDにNFC対応など

Source:Nikkei Asian Review

よく一緒に閲覧される記事

iPhone SE第2世代向け、360度のぞき見防止 Agrado保護フィルム購入レビュー

昨日の保護ケースに続き、本日はiPhone SE第2世代向け360

第2世代iPhone SE向け、薄型TORRAS保護ケース購入レビュー

先日よりメイン端末として使用しているiPhone SE第二世代が問

iPhone12 miniのコンセプト画像が登場

2020年秋のリリースが期待されている5.4インチiPhone (

→もっと見る

PAGE TOP ↑