AirPods ProをiPod shuffle風に、Spigenケースカバー購入レビュー

公開日: : Apple ,

前回のレビューでスマートイヤホンだと知った「AirPods Pro」を保護すべくSpigenが販売するiPod shuffle風になるというクラシック・シャッフルを購入、その装着感などをレポートする。

AirPods Pro向けSpigenクラシック・シャッフル購入レビュー

音を流さなくても静けさを求めて装着してしまう「AirPods Pro」とは長く付き合いたい。

そのため、充電ケースを守りつつ、気軽にイヤホンを収納できて、「紛失」という最大のトラブルを防ぐ必要がある。

そして、前回の保護ケースカバー5選から選んだSpigenクラシック・シャッフルが到着した。

Spigen-AirPods-Pro-review_8971

コンパクトな紙製のパッケージで、背面の説明書きは英語だった。

Spigen-AirPods-Pro-review_8973

AirPods Proへの装着は底面側に自ら青色のテープを貼り剥がして充電ケースを入れる形となる。天面側は最初から青色テープが貼られているので剥がして装着する。

これらの粘着テープを剥がす前に、充電ケースを入れて前面LEDランプと保護ケースの穴が一致する入れ方を見つけると良いだろう。

Spigen-AirPods-Pro-review_8979

LEDランプが中央にピッタリ位置するように装着できた。

ポイントはLEDランプが真ん中に位置して、底面側の保護ケースからAirPods Pro充電ケースの白い部分が均等に見える入れ方を見つけること。

Spigen-AirPods-Pro-review_8980

何も考えずに入れるとLEDランプがズレるほか、天面側を装着したときに正面から見て白い部分が見えてしまう。

完全に入れた後でも1mm程度は前後左右に移動させることはできるが、大きくズレていると修正できなかった。最初が肝心。

Spigen-AirPods-Pro-review_8981

背面のヒンジ部分は覆われていないため防水を謳っていないが、通常の状態よりは防水性能が上がったと言えるだろう。

Spigenクラシック・シャッフルの感想

Spigen-AirPods-Pro-review_8974

デザイン重視のため一回り大きくなってしまうが、自立できるようになったことに価値を感じている。結果として設置スペースは狭くなった。

付属のカラビナもSpigenロゴが印字された質感の良いモノだった。

前回の記事を書くにあたって様々なAirPods Pro保護ケースのレビューを見て回ったが、カラビナがチープで壊れたという書き込みを見かけたので、そういう点でも価格に見合った付属品と言える。

もちろん全く不満点がないというわけではない。

シリコン素材を求めておいて我が儘な話だが、ホコリの付着が目立ってしまう。ホワイトカラーがあれば選んでいたがブラックしか販売されていなかったし、ホワイトは汚れが目立つ気もする。
やはり小さな不満と言えそうだ。

なお、Spigenクラシック・シャッフルは内側もシリコン素材のため、他メーカー製のレビューにあった装着で傷付いてしまうということもない。

価格とレビュー数

Amazon-B0845X27ML

Spigenクラシック・シャッフルは2020年4月に発売されたばかりのためか、レビューは40件(新着順に表示)となっているが日本レビューは7件と少ない、

価格はプライム対応3490円、カラーはチャコールの1色展開。

前回⇒AirPods Proケースカバー探し、防水仕様など5選

よく一緒に閲覧される記事

新型12.9インチiPad Pro向けミニLED、4月後半に出荷増か

新型12.9インチiPad Promのバックライトとして供給が期待され

iPhone 13は有線ケーブル非対応でディスプレイ指紋を搭載か

2021年秋ごろにリリースが予定されている新しいiPhoneについて、

次期Apple Watch、血糖値測定に対応か

コロナの影響で血中酸素測定できるApple Watchの重要度が高まる

→もっと見る

PAGE TOP ↑