ソフトバンクとワイモバイル、50GB追加データ無償提供の延長を発表

公開日: : 最終更新日:2020/04/25 ソフトバンク

MicroSIM-to-NanoSIM-Cutting.12

ソフトバンクは4月24日、追加データの購入料金を最大50GBまで無償化するという支援策について、これまで4月30日までとしていた期限を5月31日まで延長すると発表した。

ソフトバンクとワイモバイル、データ無償提供を延長

今回の発表によると、ソフトバンクとワイモバイルを契約する2020年4月1日時点で25歳以下の個人利用者は5月31日まで50GBが無償で提供されることになっている。

データの追加方法は記事末尾のリンク先にある「データ追加方法」が記載されており、マイページまたは電話で対応するとのこと。

また、テザリングオプションの利用料金も無償化している。

最初の発表記事へ⇒通信3社+ワイモバイル、データ通信量の一部を無償化へ

なお、下記リンク先にあるニュースリリースは随時更新されており、今後の動向もチェック可能となっていた。

Source:ソフトバンク

追記auが50GB追加データ無償提供の延長を発表、使い放題プランも割引に

よく一緒に閲覧される記事

ワイモバイル、月額1980円からの5Gプランを3つ発表

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄がモバイル通信サービス「ワイモバイル」

ソフトバンクが月額6580円「メリハリ無制限」発表、テザリング制限などドコモと違いも

ソフトバンクが12月22日、4Gと5G向けの新料金プラン「メリハリ

ソフトバンクが20GB/2980円新料金プラン発表、LINEモバイルとの違い

ソフトバンクは12月22日、オンライン発表会においてデータ容量20

→もっと見る

PAGE TOP ↑