iPad 2020は10.8インチか、次期iPad miniは9インチとも

公開日: : Apple ,

iPad-Pro-4th-iFixit.01

2020年後半にリリースが期待されている次期iPadについて、画面サイズが10.8インチになるほか、来年のiPad miniが9インチになる可能性が伝えられている。

iPad 2020は10.8インチか

Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏の最新レポートによると、2020年後半に10.8インチのiPadを計画、2021年には画面サイズが8.5インチから9インチほどのiPad miniを計画しているという。

同氏は、これらのiPadについて2020年のiPhone SEと同じ製品戦略になると予測している。具体的には「手軽な価格」と「高速チップ」を採用する可能性があるとのこと。

これまでアップルはiPad AirとiPad miniの最新モデルを3月にリリースしているが、10.5インチのiPadは2019年9月にリリースしているため、10.8インチiPadが現行iPad Airのリフレッシュ版となるのか、無印iPadの代わりになるのかはわからないとしている。

前回→  次期iPad Airは2020年後半リリースか

Source:appleinsider

よく一緒に閲覧される記事

iPad Air 4の発売日が決定、在庫状況と配送予定日

Appleは10月16日、最新タブレット端末「iPad Air 4

Appleシリコン搭載Macは11月17日に発表か

Appleが計画しているというSilicon搭載Macの発表が11月1

iPhone 12シリーズのRAM情報リーク、最大6GBを搭載へ

Appleが発表した新しいiPhone 12シリーズのRAM情報が伝え

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑