Pixel 4aが再びGeekBenchに登場、RAM6GBなど一部スペック

公開日: : Google Nexus

Google+Pixel+4a+20200725135310

まもなくGoogleが発表すると期待されている次期ミッドレンジ・スマートフォン「Google Pixel 4a」がベンチマークサイト「GeekBench」に掲載されていることがわかった。

Pixel 4aが再びGeekBenchに登場

前回Pixel 4aと思われる端末がGeekBenchに姿を見せたのは2020年5月で、当時もRAM6GBを搭載し、OSにAndroid 10をプリインストールしていた。

興味深いのは今回のスコア詳細ページに書かれていたスペック情報だ。

RAMとOSは変わらない数値だが、モデル名の欄が変わりハッキリと「Google Pixel 4a」と記載された。前回は「Google sunfish」という社内向けの仮称だった。

また、プロセッサ情報は基本クロック1.80 GHzのオクタコア、識別子「ARM implementer 81 architecture 8 variant 13 part 2052 revision 14」という箇所も一字一句変わらない。

海外メディアはチップについて、Qualcomm Snapdragon 765Gまたは5Gに対応するSnapdragon 730が有力で、特に後者はミッドレンジのAシリーズに最適と伝えていた。

Google+Pixel+4a+20200725140605

海外の実績あるリーカーたちもコロナウィルスの影響で発売するタイミングがわからない状況の中、Googleの動きと思われる情報は貴重、今後も注視したい。

前回→Pixel 4aはRAM6GBか、GeekBenchで見つかる

Source:Geekbench

よく一緒に閲覧される記事

Pixel 5はRAM8GBにSD756Gか、ベンチマークで見つかる

先日Googleが存在を明らかにしたPixel 5について、新たに

Google Pixel 4aが米アマゾンで完売、BestBuyでもベストセラーに

昨年のPixel 3a大ヒットに続き、Pixel 4aもまた人気の

Google Pixel Passortは折り畳み式で2021年リリースか、内部文書リーク

まもなくGoogleが発表するPixel 4a 5G / Pixe

→もっと見る

PAGE TOP ↑