ワイモバイルが20GB/月4480円プラン発表、既存プランやUQと比較

公開日: : ワイモバイル

Ymobile Plan 20201029 1

ソフトバンクは10月28日、モバイル通信サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」のスマートフォン向けに新しい料金プラン「シンプル20」を2020年12月下旬から提供すると発表した。

データ容量や制限時の速度といった概要も公開している。

ワイモバイルの新料金プラン「シンプル20」とは

「シンプル20」は、月額4480円で月間転送量20GB(超過後の通信速度は最大1Mbps)まで高速通信できるほか、10分以内の国内通話が無料となるサービスが含まれている。

しかし、月額500円で高速データ通信量を増量できる「データ増量オプション」には対応していない。

既存プランと比較

既存プラン「スマホベーシックプランR」は月間14GBだが、「データ増量オプション」をつけることで追加3GBの合計17GBとなる。

Ymobile Plan 20201029

「スマホベーシックプランR」は条件を満たせば「データ増量オプション」が1年間無料のため月額4680円で17GBとなるが、1年後も増量すれば月額5180円となる。

その一方で「シンプル20」は「新規割」「おうち割 光セット」「おうち割 でんきセット」「家族割引サービス」といった家族向けの割引サービスが適用できない。

ワイモバイルの「家族割引サービス」の500円OFFや「おうち割」の各種割引を利用している場合は、「月間3GBの差」と「割引後の月額料金」を比較する必要がありそうだ。

UQ mobileとの比較

足並みを揃えて同じ日に発表したUQ mobileの新プランと比べて月額500円割高なワイモバイルの「シンプル20」。月間20GB(超過後最大1Mbps)は同じだが、大きな違いは無料通話サービスの有無となっている。

  • UQモバイル:月額3980円/無料通話なし
  • ワイモバイル:月額4480円/何回でも10分以内は通話0円

UQ mobileで同じ10分間の無料通話サービスを契約すると700円プラスで月額4680円となり、そこから100円だけ安い月間60分の無料通話であれば月額4580円となる。

このことから電話回線を使って通話することがあればワイモバイルが良いだろう。

次に回線における違いを挙げるならば、ソフトバンク回線は中国メーカーの格安スマートフォンでも大抵サポートしているので「端末代金を安く抑えたい」「常に新しいスマホを試したい」という視点で見れば頼もしい回線となる。

そして、割引の違いもあった。

UQ mobileは新プランでも家族割に対応し、2回線目以降は500円OFFで契約できるのに対して「シンプル20」は家族向けの割引サービスを適用できない。

そのため、次のような項目がチェックポイントになるだろう。

  • 音声回線を利用するか
  • 複数回線を契約するか
  • 格安スマホでSIMカードを使う可能性はあるか
  • ワイモバイルの「おうち割り」などが適用対象か

これらは発表時の内容で、他社のサービスに合わせて常に変化していく。そのため、正式リリースまでに公式サイトの文言が変更される可能性もある。契約する際は最新情報に注意しよう。

ワイモバイルの「シンプル20」は12月下旬から提供開始となり、さらなる詳細は下記リンクにて後日公開するとしている。

リンク:ワイモバイル「シンプル20」

よく一緒に閲覧される記事

ワイモバイルが20GB/月4480円プラン発表、既存プランやUQと比較

ソフトバンクは10月28日、モバイル通信サービス「Y!mobile

ワイモバイル、月2680円プランで制限速度300kbpsに引上げ

ソフトバンクは10月5日、スマートフォン向けの料金プラン「スマホベーシ

ワイモバイルも制限時1Mbpsに、UQ mobile対抗へ

ソフトバンクは6月1日、「スマホベーシックプランM/R」利用時の月間高

→もっと見る

PAGE TOP ↑