ソフトバンクが月額6580円「メリハリ無制限」発表、テザリング制限などドコモと違いも

公開日: : ソフトバンク

Softbank news 20201222 01

ソフトバンクが12月22日、4Gと5G向けの新料金プラン「メリハリ無制限」を2021年3月から提供すると発表した。同プランはドコモ対抗処置され、現行プランから900円または1900円の値下げとなっている。

ソフトバンクが月額6580円「メリハリ無制限」発表

新プラン「メリハリ無制限」は、月額6580円+税(基本プラン980円+データプランメリハリ無制限5600円)でデータ通信が無制限になると謳うプラン。

月額料金は、現在提供中のデータ容量50GB+動画SNS使い放題の「メリハリプラン」から5G向けで1900円OFF、4G向けで900円OFFとなる。

主な割引サービスは、月間データ容量3GB以下で月額1500円OFF、おうち割 光セットで月額1000円OFF、新みんな家族割は2人で月額600円OFF、3人以上で月額1100円OFFとなる。割引額の記載はないものの「SoftBank学割」(金額は後日発表)にも対応する。

Softbank news 20201222 02

そのため、単身者は月間3GB以下かつ上記割引を全て使うと最安で月額4080円、家族3人以上なら同じ条件の最安が月額2980円となる。

注意すべきはデザリングとデータシェア利用時で、月間30GBに上限が設定されており、超過後は「低速化する」と案内されているところだろう。ここがドコモと大きく異なる。その他にも「時間帯によって通信速度を制御することがある」としている。

「メリハリ無制限」の提供開始に合わせて「メリハリプラン」「5G 基本料」「5G 1 年おトクキャン ペーン」の新規の申し込み受け付けを終了する。

ソフトバンクは同日、小容量向けの新ブランド「SOFTBANK on LINE」新料金プランを発表している。

ドコモのプランへ
ドコモ「5Gギガホ プレミア」発表、大容量WiFi+格安SIMと料金比較・懸念点

リンク:ソフトバンク

よく一緒に閲覧される記事

ワイモバイル、月額1980円からの5Gプランを3つ発表

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄がモバイル通信サービス「ワイモバイル」

ソフトバンクが月額6580円「メリハリ無制限」発表、テザリング制限などドコモと違いも

ソフトバンクが12月22日、4Gと5G向けの新料金プラン「メリハリ

ソフトバンクが20GB/2980円新料金プラン発表、LINEモバイルとの違い

ソフトバンクは12月22日、オンライン発表会においてデータ容量20

→もっと見る

PAGE TOP ↑