ソフトバンクが20GB/2980円新料金プラン発表、LINEモバイルとの違い

Softbank news 20201222

ソフトバンクは12月22日、オンライン発表会においてデータ容量20GBで月額2980円+税の新料金プランを2021年3月以降に提供すると発表した。

現在のLINEモバイルから変更する点も明らかにしている。

ソフトバンク on LINEとLINEモバイルの違い

新しい料金プランはオンライン専用ブランド「SoftBank on LINE」で提供される。同ブランドはLINEモバイルをソフトバンクが完全子会社化(吸収合併)して、政府の要望通り「ソフトバンクとして値下げ」する形となる。

  • 月額料金:2980円+税
  • データ通信量:20GB
  •  超過後の転送速度:最大1Mbps
  • 国内通話:5分以内は無料

SoftBank on LINEのサービス内容はドコモのオンライン専用プラン「ahamo」にあわせた形で、特徴としてはLINEアプリがデータ量のカウント外になるところだろう。

また、現行のLINEモバイルと大きく異なるのは「回線の質」で、現在はMVNOとしての回線だがSoftBank on LINEではソフトバンクの回線(4G / 5G)が提供される。

通話に関しては5分超過後が30秒あたり20円。別途、月額1000円の国内かけ放題オプションを用意、他にもeSIMに対応する。

新しいブランドは2021年3月のLINEとZホールディングスの経営統合を機に実現するとしており、それにあわせて新しい料金プランの提供開始日も2021年3月移行を予定している。

関連記事:ドコモ「ahamo」発表、契約条件なし月額2980円で20GB/5分話し放題など

よく一緒に閲覧される記事

ワイモバイル、月額1980円からの5Gプランを3つ発表

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄がモバイル通信サービス「ワイモバイル」

ソフトバンクが月額6580円「メリハリ無制限」発表、テザリング制限などドコモと違いも

ソフトバンクが12月22日、4Gと5G向けの新料金プラン「メリハリ

ソフトバンクが20GB/2980円新料金プラン発表、LINEモバイルとの違い

ソフトバンクは12月22日、オンライン発表会においてデータ容量20

→もっと見る

PAGE TOP ↑