7.8型ONYX BOOX Nova3 Color発表、カラーEinkやワコム手書き入力などスペック・価格

ONYXが7.8インチのカラー電子ペーパー(EINK)とWacomデジタイザによる手書き入力をサポートしたAndroidタブレット「BOOX Nova3 Color」を発表した。

ONYX BOOX Nova3 Colorのスペックと価格

BOOXシリーズはアマゾンから購入できる日本でも入手しやすい電子書籍リーダー。最近レビューしたモデルは白黒ながら動画視聴、Kindleアプリをインストールして電子書籍ストアを気にせず利用できるリーダーとして優秀なタブレットだった。

スペック、仕様

新たに発表されたONYX BOOX Nova3 Colorは名称にあるとおりカラーが主役で、7.8インチのEinkディスプレイ「新型KaleidoPlus(第3世代)」は4,096色を表示可能。解像度はカラー表示で624×468(100DPI)、白黒は1872×1404(300DPI)。

手書き入力は付属のWacomデジタイザー(4096レベルの圧力感度)、タッチ操作にも対応する。

CPUにはQualcomm Snapdragon 636(最大1.8GHz クアッドコア)、RAM=3GB、ストレージ=32GBという構成。

バッテリーは 3150mAhを備え、WIFiを切りフロントライトなしのスタンバイ状態で40日間は駆動する。

インターフェイスはOTG対応のUSB-C、ホームボタン、スピーカー、マイク。WI-Fiは802.11acまで対応、Bluetooth 5.0。

本体サイズは197.3x137x7.7mm、重量は265g。

Boox nova3 color

一般的な電子書籍リーダーに属するAndroidタブレットはOSが古いままというケースが多く、アプリ関連で不便という報告もあったが、ONYX BOOX Nova3 Colorは新しいAndroid 10.0採用も大きな魅力となっている。

Google Play対応のためKindleアプリやKoboアプリをインストールすることで電子書籍ストアに縛られず、さらにカラー表示対応により雑誌など色のある書籍も楽しめそうだ。

価格

ONYX BOOX Nova3 Colorは公式オンラインショップで419.99ドルで販売されている。送料は別料金。

すでに中国倉庫は在庫切れ、米国とEUの倉庫は在庫ありとなっていた。

最新の価格と在庫状況はONYX BOOX Nova3 Color製品ページ

よく一緒に閲覧される記事

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

ドンキが7型UMPC「NANOTE P8」発売、スペックの違いと価格

ドン・キホーテは4月20日、オリジナルブランド「情熱価格」より7型ノー

→もっと見る

PAGE TOP ↑