mineoの制限速度が最大1.5Mbpsに、パケット放題祭り3/16開始

公開日: : モバイル通信

オプテージは3月12日、MVNOサービス「mineo」において3月16日からパケット放題の上限速度を1Mbps/1.5Mbps まで引き上げるパケット放題祭りを実施すると発表した。

mineo、パケット放題祭り開催へ

「パケット放題」オプションは、通常のSIM契約に加えて月額350円+税を支払うことでmineoスイッチON時に最大500kbpsで通信できるようになるサービス。

特定のアプリやサイトなどに関係なく通信可能で、音楽配信サービスやradikoなどが通常の速度制限200kbpsで遅く感じた時の救済措置でもある。

そのため、音声SIMのデュアルタイプ最安1GBプラン(月額1180円)と組み合わせると1,530円で節約モード最大500kbpsが利用可能に。

そのパケット放題の上限速度を1Mbps/1.5Mbps へ引き上げるキャンペーンが「パケット放題祭り」となっている。

パケット放題祭りの概要

以前も開催されていたパケット放題祭り、今回は次のスケジュールで実施される。

2021年3月16日~3月30日 1.5Mbps
2021年3月30日~4月13日 1Mbps
2021年4月13日~4月27日 1.5Mbps
※各速度の切り替えは午前10時頃を予定しています。

上記の速度で実現可能なサービスを次のような表で紹介していた。

Mineo 20210314174839

楽天モバイルのauパートナー最大1Mbpsを利用していた時にYouTube動画は360pが限界だと感じていたので上図の内容は共感できる。

関連記事1:楽天モバイルのエリア内でスピードテスト(2021年3月)
関連記事2:UQ mobileの最安「くりこしプランS」は使えるか、スピードテストと動画視聴/radikoを試す

パケット放題は上位オプションも準備

オプテージはパケット放題の今後について、現状の500kbpsとは別に少し価格をあげた上位オプションを3月中にリリースする段取りを進めていたが、最近の料金値下げを踏まえて更なる値下げを検討すると案内している。

これは他社の値下げに加えて、総務省が4月1日から適用されるMVNO接続料金の大幅値引きを示す資料を公開したことも影響しているかもしれない。

ドコモのサブブランドになりそうな匂わせを続けているOCNモバイルONEは3月下旬に発表を延期、接続料の値下げが実施される4月1日へ向けて情報戦が激しくなりそうだ。

Source:マイネ王

よく一緒に閲覧される記事

ソフトバンクがLINEモバイルを吸収合併、今後のサービスについて

ソフトバンクは2021年10月22日、株式を100%取得して完全子会社

月額550円で無料通話10分、OCNモバイルONE「ドコモのエコノミーMVNO」提供開始

NTTコミュケーションが運営するOCNモバイルONEは10月21日、ス

月額5200円のPixelスマホ付きサブスク、Google「Pixel Pass」発表

米Googleは日本時間2021年10月20日、新製品発表イベント「P

→もっと見る

PAGE TOP ↑