ドンキが7型UMPC「NANOTE P8」発売、スペックの違いと価格

ドン・キホーテは4月20日、オリジナルブランド「情熱価格」より7型ノートパソコン「NANOTE(ナノート) P8 UMPC-02-SR」を発表した。

全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)において同日より順次発売する。

「NANOTE P8」発表、スペックの違いと価格

NANOTEといえば2020年4月に新モデルを発売(当時の記事へ)しているが、同社によれば「初回生産3000台が1か月でほぼ完売」だったという。

NanoteUMPC 01 SR

記事:ドンキ、19,800円の7型ノートPC「NANOTE」発表・スペック・発売日より

当時のモデルと大きく異なるポイントとして、CPUがIntel Atom Z8350クアッドコアプロセッサだったのに対してP8はintel Pentium N4200 1.1GHz (最大2.4GHz)クアッドコアとなっているところ、メモリも4GBから8GBに増量されている。

Atom Z8350の仕様をIntelで調べると1.44Ghz最大1.92GHzとあり、僅かに処理性能が向上しているようだ。

メモリも倍増しているが、体感速度のボトルネックとなる内蔵ストレージが以前と変わらずeMMC64GBなのでメモリ不足が少しだけ解消される程度の違いと思われる。(Windowsで昔から行われているメモリ4GBをキャッシュ・ストレージに割り当てるハックをすれば体感速度は改善されるかもしれないが、馬力が足りないので出来ることは軽作業だけだろう)

筐体は同じのようで本体サイズは変わらず、重量だけが40g増えて560gとなった。

バッテリーが5000mAhから2050mAhと半分になっていたがプレスリリースの書き間違いかもしれない。

NANOTE P8 UMPC 02 SR

なお、価格は21,780円から32780円となった。

前回の話
ドンキ、19,800円の7型ノートPC「NANOTE」発表・スペック・発売日

Source:PDF

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑