リーク品が到着、未発売「CHUWI HiPad Plusアップグレード版」を開封

公開日: : Chuwi ,

2021年1月にリークされたiPad Pro クローンのCHUWI HiPad PlusがChuwiより届いた。この未発売モデルは2021年5月中旬にリリース予定となっている。

Chuwiといえばタブクルの前身ブログ時代に中華パッドとして取り上げてから長く追い続けているメーカーでもある。同社の最新タブレット端末を開封、その質感などをシェアしたい。

CHUWI HiPad Plusアップグレード版の先行レビュー

タブクルでChuwiの記事を振り返ると今から9年前の2012年で「Chuwi 速PAD V99」の話だった。当時からタグ「chuiw」を使用、CUBEや原道とともに追いかけた記憶がある。

当時はクアッドコアやRetinaディスプレイという言葉にワクワクしていたが、最新タブレットの進化を見ていきたい。

CHUWI HiPad Plusアップグレード版を開封する。

手元に届いた箱は2つだった。

「別の製品もレビューを!」として同梱するメーカーもあるが、Chuwiは過去のレビュー時を振り買っても律儀なメーカーなので予測不能な行動はとらないため、別売りアクセサリーの可能性が高い。

Chwui HiPad Plus Upgrade 202105 Review  1

無地のシンプルな箱、プチプチで梱包されていたので凹みなどはない。

Chwui HiPad Plus Upgrade 202105 Review  2

もう1つの箱はキーボード兼用カバーだった。

上図の右下にある透かし付近を見ると金属パーツがあり、Bluetooth接続ではない物理接続キーボードであることがわかる。

WindowsタブレットではないのでUSBポートなどはなく、その分だけキーボードが薄くなっていた。

Chwui HiPad Plus Upgrade 202105 Review  3

外側はフェルトのような柔らかい素材、上図右側にある縦1本の金属はヒンジになっていてスタンドとしても機能する。

ここからはタブレット本体を開封していく。

Chwui HiPad Plus Upgrade 202105 Review  4

ディスプレイに貼られたフィルムには画面サイズ11インチとあった。解像度は2176×1600ドット。

気になったので調べ直したところ、一般的な2Kは横の解像度2000px前後が基準となっているようで「1920×1080px(FHD)」や「2560×1440(WQHD)」「2048×1536px(QXGA)」が2Kと表示されることがあるようだ。

そうなると2176×1600は十分2Kディスプレイと名乗れる仕様だろう。

フルラミネート加工されていることも特徴として書かれており、印字フィルムを剥がすと保護フィルムが貼られた状態となっていた。

付属品は海外コンセント用の充電器とUSB-Cケーブル1本。

Chwui HiPad Plus Upgrade 202105 Review  5

背面には先程の物理キーボード向け金属端子と背面カメラがあった。充電はUSB-Cの2A急速充電をサポートと印字されている。

筐体は金属CNC加工を謳うタブレットと同じようなエッジで、ネジが見当たらないことから側面と背面まで一体型、その中にパーツを入れ、ディスプレイで蓋をしている状態だと思われる。

タブレットの強度として一体型の筐体は、安心材料と言えるだろう。

Chwui HiPad Plus Upgrade 202105 Review  01

正面の右側面には音量ボタンとサウンドホールが配置され、物理キーボードに接続すると音が広がりやすく、音量も調整しやすくなる位置になった。

キーボードに限らず、カバー装着を想定していないために音が籠るという機種も意外とあるので、CHUWIらしいキチンとした設計だと思う。

この反対側にある側面を見るとSIMピン用の穴(通気孔orサウンドホール)があった。SIMピンが同梱されていなかったので開けられなかったがSIMカードとmicroSDカードスロットがあると思われる。次回の記事で紹介したい。

Chwui HiPad Plus Upgrade 202105 Review  02

ディスプレイの上部(天面)には電源ボタンとUSB-Cポートがあり、キーボード接続時は左側に位置するようになっていた。

キーボードの閉じたらケーブルを抜き、スタンドを閉じるという流れを考えると適切な配置だと思う。

この側面部分を見ていて2021年1月のリーク画像と全く同じだったので思わず唸ってしまった。

ちなみにリーク情報にあるバッテリー容量7300mAhやプロセッサMT8183、RAM4GB、ストレージ128GBは「すべて正解」だ。

CHUWI HiPad Plusアップグレード版の質感、感想

Chwui HiPad Plus Upgrade 202105 Review  12

タブレット本体と物理キーボードは近づけるだけでマグネットにより吸着するため、設置や外すときにカバーを歪ませるといった手間はなくスムーズに着脱可能だった。磁力は強めだが決して外せないほど強力ではない。

キーボードを閉じると画面OFF、開けると画面ONになるのも良い。

背面のキックスタンドは無段階に角度調整が可能、タブレットの重さで角度が変わることはないが、片手を置くと重さで角度が変わるような強度だった。

タッチパッドによる操作も安定していて、画面スクロールも問題なかった。やはり金属端子による物理キーボードなので安定していて遅延がない。

9年前に中華パッドと呼んで楽しんでいたときはデュアルコアからクアッドコア、オクタコア、解像度やペン対応など「最新」を急いでいた印象が強い。しかし、今回の「CHUWI HiPad Plusアップグレード版」に関しては一体型の金属筐体やUSB-C、物理キーボードなど最新でありながら「高い完成度」を目指しているようにも思えた。

後ほど、AndroidタブレットとしてのベンチマークやSIMピンを探して筐体レビューの続きなどを記事にする予定だ。

CHUWI HiPad Plusアップグレード版は2021年5月中旬にAliexpressで発売予定となっている。

CHUWIはアマゾンで販売されているモデル(アマゾンのCHUWIストアへ)も多く、かつ日本でのレビューも依頼していることから日本でのリリースも期待できるだろう。

続き→Coming Soon.

よく一緒に閲覧される記事

リーク品が到着、未発売「CHUWI HiPad Plusアップグレード版」を開封

2021年1月にリークされたiPad Pro クローンのCHUWI H

約2.5万円のiPad Proクローン11型2K「Chuwi HiPad Plus」近日発売へ、スペック

iPadクローンは一時期より数を減らしているが、CHUWIより2K解像

筆圧ペン/着脱キーボード付き2in1ノートPC『CHUWI Hi10 X』がクーポン特価26,782円に

CHUWIが2020年1月8日より予約販売を開始した2in1仕様W

→もっと見る

PAGE TOP ↑