新型iPad miniはUSB-CにSmart Connector搭載か

公開日: : Apple ,

Appleが2021年秋にも発表すると噂されている新型iPad miniについて、A15チップ搭載といった情報に加えてインターフェイスが変更になる可能性が伝えられている。

新型iPad mini、インターフェイス変更か

数年前のリークは的外れな情報も多かったが、最近では内部に協力者でもいるのではないかと思うほど正確になってきている。

それが今回も当てはまるのかはわからないが、9TO5Macが関係筋から得た話としてiPad mini 2021の情報を次のように伝えた。

  • USB Type-C採用
  • Smart Connector搭載
  • A15チップ
  • コードーネーム=J310

やはり目玉となるのはUSB-C採用だろう。

MacBookと同じインターフェイスになるため、iPhoneとApple Watchをワイヤレス充電にすることで予備ケーブルもUSB-Cで一本化できそうだ。

同メディアによるとSmart ConnectorはiPadAirやiPadProと同じマグネット式で、iPad mini向けアクセサリも展開されるとしている。

Front and back scaled

A15チップはA14チップと同じ5nmプロセスを使用、他のiPad向けにA15Xも取り組んでいるとも伝えた。

また、AppleはA13チップを搭載したエントリー向けモデルを計画しており、コードネームは「J181」とのこと。
現行の10.2インチiPadはA12 Bionicチップを積んでいるため、無印iPadも近いうちに登場しそうだ。

なお、新しい10.2インチiPadはiPad Air3(2019)と同じデザインを採用するとも伝えている。

<前回の話>
iPad mini 6のリーク画像、ついにUSB-C/ベゼルレス仕様か

Source:9TO5Mac

よく一緒に閲覧される記事

第3世代iPhone SEは2022年Q1に発表か、5G対応など

次期iPhone SEについて台湾の調査会社が2022年の第一四半期(

2種類のiPad mini 6 保護ケースを使った感想。

2021年11月14日にレビューしたiPad mini 6向けのESR

Apple Pencil 2はライトユーザーに優しいペンだった。 | 購入レビュー

メルカリでも中古品が1.2万円で売買されているなど価格に強い第2世代A

→もっと見る

PAGE TOP ↑