UQ mobileが9/2より「増量オプションII」提供開始、1年間0円キャンペーンも

公開日: : モバイル通信

KDDIは8月2日、新たに追加した5G通信プラン「くりこしプラン +5G」向けに月間データ容量を月額550円 (税込) で最大5GBを追加する「増量オプションII」を発表した。

9月2日より提供を開始する予定。

UQ mobile、「増量オプションII」提供開始

8月2日に追加した5Gプランは従来の「くりこしプラン」とサービス内容と価格は同じ構成のまま5G通信に対応しただけという印象だったが、次のような「増量オプションII」を適用することで通信量を増やせるようになった。

  • プランS(3GB)は追加2GB=合計5GB
  • プランM(15GB)は追加5GB=合計20GB
  •  プランL(25GB)は追加5GB=合計30GB

同オプションの月額料金はキャンペーンにより、適用当月から1年間無料になるとしている。

これにより最安プランSでも月間5GB、プランLなら月間30GB。1年後に解約しないと月額550円が加算されるのでキャンペーン利用時は注意したい。

個人的に次のような流れをイメージしていたので驚いた。

  1. LINEMOへのユーザー大移動
  2. UQ mobileが値引きしない方針を伝える(プレスリリースは使わず取材などで発表)
  3. UQ mobileがサービス内容を拡充(通信または通話いずれか)
  4. UQ mobielのユーザーが増えず、無料キャンペーン
  5. ドコモが小容量サブブランドを発表、さらに大移動
  6. KDDIが小容量サブブランドを発表

特に3と4が同時発表されるとは思わなかったが、これはユーザーがUQ mobileに通信量を求めていないことは理解していて、他に出来る対策がないという意味かもしれない。

今回は「でんきセット割」の値引き後価格=月額990円をLINEMOに狙われた形となった。今後はKDDIがドコモにあわせて小容量ブランドを発表するのか注目したい。

キャンペーン詳細は下記リンクより確認できる。

TryUQmobile_7068

前回の話
UQ mobileからLINEMOへ乗り換えた5つの理由(MNP)

リンク:KDDIプレスリリース

よく一緒に閲覧される記事

月額550円から?速度は?ドコモ「エコノミーMVNO」発表、最大の注意点が明らかに

ドコモの発表が遅れるたびに期待が高まっていた「ドコモの小容量ブランド」

ペン対応「Kobo Sage」発表、Kobo スタイラスの機能と注意点

楽天グループのRakuten Koboは2021年10月6日、電子書籍

Google Pixel 6発表イベントの開催日時が決定、動画配信あり

Googleは日本時間2021年10月6日午前1時30分、公式Twit

→もっと見る

PAGE TOP ↑