HTC製Windows Blue(RT) タブレット 「HTC R7 / R12」を2013年Q3にリリースか

公開日: : その他・中華タブレット

Phone Arenaは、HTCが昨年12月から取り組んでいるとされる7インチと12インチのWindowsタブレットについて動きがあったと伝えています。

HTC-Flyer
画像はHTC Flyer

Windows Blue(RT) タブレット 「R7 / R12」

Phone Arenaによると、HTCのWindowsタブレットには
Window Blue以降のRT版(ARMアーキテクチャー)が搭載されるとのこと。

HTC R7 / R12のスペック

HTC製タブレットには、「R7」は7インチ(解像度:1920×1080)「R12」は12インチ(2048×1536)というサイズ違いが存在しており、スペックは Snapdragon 800プロセッサ(2.3GHz)メモリー2GB内蔵ストレージ16GB外部ストレージ MicroSDカードスロット搭載)また、通信機能としてモバイル通信(LTE/HSPA+)、Wi-Fi、Bluetooth 4.0、A-GPSなどに対応したバージョンもあるとのこと。
HDMIやDLNA機能、NFCは非搭載とも伝えています。

「HTC R7 / R12」の正確なサイズやバッテリー、小売価格は不明としていますが2013年Q3にはスレートPCのリリースが期待できるとしています。

Source : Phone Arena

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑