トヨタ、立ち乗り小型EV「C+walk T」発売・スペック

公開日: : 周辺機器

トヨタ自動車は2021年10月1日、歩行領域での立ち乗り電動3輪車として新型モビリティー「C+walk T(シーウォークティー)」を発売した。

同日よりトヨタ車の車両販売店で購入できるほか、レンタリース店でも利用可能(一部の店舗を除く)。

小型EV「C+walk T」とは、スペック

トヨタの小型モビリティに加わった「C+walk T」は、<すべての人に移動の自由を>というコンセプトで作られ、主に空港やショッピングモール、工場といった施設で高齢者が移動するといった法人利用を想定している。

残念ながら公道走行は非対応だが、法改正を前提として将来的には公道での走行も視野に入れているようだ。

C+walk Tの主な仕様、スペック

Cwalkt

  • サイズ:全長700㎜、全幅450㎜、全高1,210㎜
  • 速度:2,3,4,5,6,10㎞/h
  • 連続走行距離:約14㎞
  • 連続走行時間:2.5時間
  • 充電時間:2.5時間
  • 乗車の要件:身長140〜185㎝、体重100㎏以内

C+walk Tの価格

ベーシックモデルの販売価格は341,000円、斜面や障害物を検知して2km/hに自動減速するSafety supportモデルが354,200円にて販売される。

その他、パトランプ、防振マット、バッテリーの盗難防止ロック機構といったオプション品も販売する。

前回はオリンピックの無人バスに未来を見せてもらったが法改正への取り組みも含め今後の展開を注視したい。

E Palette

画像:移動式宅配ロッカーに無人バス、トヨタ「e-Palette」が魅せる未来より

Source:トヨタ

よく一緒に閲覧される記事

数量限定18%OFF、Anker製コンセント付きモバイルバッテリー「Anker PowerHouse 100」が特価に

アマゾンジャパンが毎日開催しているタイムセールにおいて、ANKERが

GaN採用の65W小型3ポートUSB充電器「UGREEN CD244」発売、記念クーポンあり

UGREEN(中国・深セン)は1月25日、GaN(窒化ガリウム)採用

期間限定20%OFF、USBの小さな二酸化炭素濃度計「AirChecker」発売

めざましテレビなどでも取り上げられた実績のあるMATECH株式会社(

→もっと見る

PAGE TOP ↑