Microsoft、ついにWSLプレビュー版をストア配布開始(Linux)

公開日: : Microsoft

米Microsoftは現地時間2021年10月11日、Windows Subsystem for Linux(WSL)プレビュー版がMicrosoft StoreよりWindows11端末で利用できるようになったと発表した。

従来のWSLとは異なりWindowsのバージョンに依存することなく、単体アプリとして管理できるようになっている。

WSL 20211012

新しいWSLとは、何が変わったのか?

従来のWSLはWindowsのオプションコンポーネントとして存在し、有効にするだけでOSの再起動、アップデートにもOSを巻き込んで更新が必要だった。

しかし、新しいアプリ版WSLはWindowsとは完全に切り離されているため、OSのアップデートとは関係なく最新バージョンに更新・管理できる。

これはつまりGUIアプリのサポートやGPU、Linuxファイルシステムドライムのマウントといった新機能が追加された時もOS全体の更新や移動といったことをすることなく気軽に試せることを意味する。

また、旧WSL利用者もアプリ版WSLをインストールできるという。

さらに今回のプレビュー版ではVHDファイルのマウントを簡単にする「wsl.exe —mount」のような新機能が追加されているほか、Linuxカーネルは5.10.60.1に更新された。もちろんWindows11のアップデートは不要だ。

なお、引数が不要で簡単にインストールできるLinuxディストリビューションとして「Ubuntu」がある。しかし、それ以外をインストールしたい場合は「wsl –list —online」と叩けば別のディストリビュージョンが表示されるので、あとはopenSUSEなど好きなシステムをインストールすればよい。

ちなみに2021年4月ごろから報告されているがグラフィックスとオーディオにも随時対応しており、例えばUbuntuにインストールしたFirefoxで音楽を楽しむことができたという報告もあった。

海外のフォーラムではWSLを楽しむ活発な情報が飛び交っており、不思議な話だが商業OS「Windows」経由でオープンソース界隈が賑わいそうだ。

Source:Windows Command Line / Microsoft Store

よく一緒に閲覧される記事

Microsoft、ついにWSLプレビュー版をストア配布開始(Linux)

米Microsoftは現地時間2021年10月11日、Windows

Windows 10、まもなく一部アプリを拒否開始。

Microsoftは2021年8月初旬よりWindows 10において

iPadのWindows化、MSが月額料金を発表

Microsoftは米国時間8月2日、先月発表したMacやiPad/A

→もっと見る

PAGE TOP ↑