原道 N70双撃 購入レビュー(初期状態と不具合を確認中)

公開日: : 最終更新日:2013/03/01 原道 N70双撃

原道 N70双撃を赤札天国さんから購入しました。

今回の購入レビューは、初期画面や初期設定、ベンチーマーク

システム情報等をレビューしてみます。

原道 N70双撃のホーム画面

ウィジェットに「GoWidget」があることから

GOランチャーがインストールされているようです。

2012.08.03-14.38.30

原道 N70双撃のドロワー画面

原道 N70双撃のプリインストールアプリはわかりませんが

root化関係を覗いて、販売店である

赤札天国さんが入れたようなアプリはありませんね

アプリ一覧の画面

2012.08.03-14.45.35

GoWidget画面

2012.08.03-14.46.19

原道 N70双撃の設定画面

設定メニューからタブレット情報をはじめストレージなどを見てみます。

タブレット情報

2012.08.03-14.15.48

ストレージ情報

2012.08.03-14.18.47

原道 N70双撃のベンチマーク

Antutuベンチマーク

2012.08.03-14.21.25

Quadrant Standard Edition

上から2番目というのも気分がいいですね

2012.08.03-14.23.12

システム情報

CPUは最小252MHzで、最大1608MHzとなっていました。

メモリーも300MB程度がフリーでした。

2012.08.03-14.31.33

初期インストールされていたアプリ

日本語キーボードとしてGoogleIMEがインストールされていましたが

デフォルトキーボードは中華系の

初期設定として日本語設定と「simeji」のインストールのみされていました。
日本語フォント化、ルート化などはされていません。

。。。

  • アマゾン:原道 N70双撃 (2012年8月3日現在、14500円)

よく一緒に閲覧される記事

Vido W10 Elite – Surface 3 クローンがセール中、スペック・価格

 Surface 3と同じような背面キックスタンドを持ち高いスペックを

原道、12.2型Vido W12 Pro版(Core M3)と無印版(Atom Z8700)発表

 中国メーカー原道は現地時間5月19日、12.2インチのWindows

僅か207g?約1.3万円でHDMI/Z8300、8型『Vido W8X』は11月発売予定―スペック表

 僅か207gと超軽量な8インチのWindows 10搭載タブレットが

→もっと見る

PAGE TOP ↑