初回限定20%還元:1年ぶりの最上位イヤホン「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」発売

公開日: : 周辺機器 , ,

ANker Japanは11月4日、ハイレゾ音源に対応やウルトラノイズキャンセリング 2.0を搭載した完全ワイヤレスイヤホンのシリーズ最上位モデル「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」を発売した。

初回3,000個に限りAmazonポイント20%還元を実施している。

最上位モデルの新型「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」

過去の記事を振り返ると前回のモデル『Anker Soundcore Liberty 2 Pro』は2019年10月25日に発売、約1年ぶりの新モデルとなった。

主な特徴として、Soundcore Liberty 3 Proは同時に2台の機器と接続可能、ノイズリダクション機能を搭載した6つ(左右のイヤホンに各3つ)のマイクを搭載している。
仮想スピーカーによる3Dオーディオ機能、Soundcoreアプリ上で特定の周波数帯域における音の聞き取りやすさを測定して調整する2つのHearID機能を搭載。
操作手段として両耳向けのステレオモード、片耳のみで使えるモノラルモードも用意している。

「Anker Soundcore Liberty 3 Pro」の主な仕様は次のようになっていた。

  • 充電方式:USB Type-C / ワイヤレス充電
  • 充電時間:約2時間(充電ケース *USBケーブル使用時) / 約3.5時間(充電ケース *ワイヤレス充電器使用時)
  • 重さ:約59g(充電ケース含む) / 約7g(イヤホン本体 片耳)
  • 防水規格:IPX4
  • 通信方式:Bluetooth 5.2
  • Bluetoothプロファイル:A2DP, AVRCP, HFP, HSP
  • 対応コーデック:SBC / AAC / LDAC

防水性能は前モデルと同じIPX4、注意事項としてバランスドアーマチュアドライバーは湿度が高い環境に長時間放置すると故障する可能性があるため乾燥した通気性の良い場所に保管してほしいとあった。

Anker Soundcore Liberty 3 Pro

再生時間についてはモードやLDAC使用時の有無で下記のように変化する。

  • 通常モード:最⼤8時間(イヤホン本体のみ) / 最⼤32時間(充電ケース使⽤時)
  • ノイズキャンセリングモード:最大6時間(イヤホン本体のみ) / 最大24時間(充電ケース使用時)
  • LDAC使用時(通常モード):最⼤4時間(イヤホン本体のみ) / 最⼤16時間(充電ケース使⽤時)
  • LDAC使用時(ノイズキャンセリングモード):最大3時間(イヤホン本体のみ) / 最大12時間(充電ケース使用時)

残念ながらiPhoneやiPadなどiOS端末はLDAC非対応、Apple地方の住民にはAirPodsがあるので問題ないだろう。

価格

Anker Soundcore Liberty 3 Proの価格は19,800円、初回3000個に限り20%ポイント還元(3,960pt)となっている。

旧モデルの発売日から次回リリースは2022年10月〜11月となりそうだ。新モデルは価格も上がり割引率も下がっている強気の設定となっていた。

旧モデルの発売記事へ
初回500個は3000円OFFに、『Anker Soundcore Liberty 2 Pro』発売・特徴・価格

→最新の価格と在庫状況・操作方法などはAmazon販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

モバイルSuicaの新機能とサービス停止時間が発表、おトクなきっぷ・定期券がアプリ対応に

JR東日本は1月27日、モバイルSuicaに対してカードタイプと同じ

数量限定18%OFF、Anker製コンセント付きモバイルバッテリー「Anker PowerHouse 100」が特価に

アマゾンジャパンが毎日開催しているタイムセールにおいて、ANKERが

GaN採用の65W小型3ポートUSB充電器「UGREEN CD244」発売、記念クーポンあり

UGREEN(中国・深セン)は1月25日、GaN(窒化ガリウム)採用

→もっと見る

PAGE TOP ↑