RICOH GR IIIxにミニ三脚「Manfrotto POCKET S」は合うか(検討編)

公開日: : 最終更新日:2022/03/29 周辺機器 ,

ここ数日RICOH GR IIIxを使って感じた充電時や撮影時、収納時の小さな不満点を解消する方法を探していた。

意外なことにミニ三脚「Manfrotto POCKET S」が一挙に解決してくれそうだったので1つずつ問題点について解決できるのか検討していきたい。

「RICOH GR IIIx」と「Manfrotto POCKET S」の相性。

はじめにマンフロット公式に記載されている「Manfrotto POCKET S」の仕様は以下のようになっていた。

  • 重量;0.03kg
  • 全伸高:2.1 cm
  • 格納高:0.8 cm
  • 最大耐荷重:0.6㎏
  • 三脚ネジ:1/4イン
  • 脚:ラバー付き

かなり小さな三脚となっている。

次に満足度の高いAPS-Cコンデジ「RICOH GR IIIx」に対して抱いてしまった不満を見ていきたい。

  1. iPad miniへデータ転送中にディスプレイが見えにくい。
  2. USB-Cケーブルで充電中にカメラを安定させたい。
  3. 無印ポーチと20cmのUSB-Cケーブル収納時の高さを調整して片付けを楽にしたい。
  4. カメラを直置きしたくない。
  5. マクロモードで物撮りする時の角度調整と安定度UP

上記の1と2については「RICOH GR IIIx」という最新カメラならではの話になる。

底面の蓋を開けなくて良いカメラの強み。

「Manfrotto POCKET S」最大の弱点は底面の蓋を開けてmicroSDカードとバッテリーパックが取り出しにくくなるというところだが、USB-C搭載カメラ「RICOH GR IIIx」は底面の蓋を開ける必要がないためデメリットにならない。

それどころか上記「1」のデータ転送中にディスプレイ固定で画面が見にくい状態を三脚の角度調整で改善、さらに「2」のUSB-C充電時にカメラを振り回す逞しいケーブルが登場しても滑り止めを備えた三脚が安定を与えてくれるはず。

最強のスナップシューターということで大きな三脚に設置するよりも手ぶれ補正を活かして軽快に街並みをとらえたほうが合っているカメラ、「Manfrotto POCKET S」を取り付けたままの運用となりそうだ。

収納と仮置き時に保護に。

次に上記「3」と「4」の話。

先日レビューした無印良品のポーチと20センチのUSB-C3.2対応ケーブルを入れた際にひと手間を加える必要があると末尾に手順を書いたが、それが不要になると期待している。

(画像)20cmのUSB-C3.2ケーブル購入レビュー、RICOH GR IIIxの無印ポーチに合うかより

上記の記事末尾にある手順「3」の「少し持ち上げて」という手順が「Manfrotto POCKET S」により持ち上がった状態になるため不要となる。

また、無印ポーチのサイズを測った限り「Manfrotto POCKET S」を装着状態で高さがピッタリと合うため、ポーチの中でカメラが移動しにくくなるはず。

他にも「RICOH GR IIIx」はディスプレイ面に重心があるため収納時とデスクなどへ仮置きした時にディスプレイ側へ倒れることがあったが「Manfrotto POCKET S」により少し安定することも期待している。

まとめ、買いなのか。

「RICOH GR IIIx」の固定ディスプレイなので自撮りをしようと三脚へ設置して使う際は、別途無線でモバイル端末に映像を転送するなど手間がかかるため、大きな三脚で撮影する機会はないと思っている。

そもそも動画撮影に強くはない機種なので子どもや動物を動画撮影する際は、予定通りiPhoneで4K撮影して好きな位置をフルHDで切り出すといったことで対処しようと思っている。

次にUSB-Cの恩恵でバッテリーパックやメモリーカードを抜き差しする作業は今のところゼロ、そのため底面に「Manfrotto POCKET S」を装着してもデメリットにはならない。

「RICOH GR IIIx」によくある不具合として挙げられているレンズ内のホコリ混入については、カメラを僅かに高い位置へ設置することでリスクは下がると思っている。
寒い日に床の近くを冷たい風が吹き抜けるが、それに近い小さな現象がデスクの上などで発生していて、それを「Manfrotto POCKET S」装着で軽減できると期待している。

あとは繰り返しになるが充電やデータ転送中にカメラ本体が転倒しにくくなり、ディスプレイの表示が見やすくなることだろう。

Manfrotto製品はPIXI MINIなど幾つか使用してきて信頼しているためミニ三脚は買いだと思った。

(画像)三脚をPCスタンド化「CLHCMAL2」レビュー、祭り購入品より

ちなみに「Manfrotto POCKET S」のLサイズは無印ポーチに収まらないため断念。

以上のことから、「Manfrotto POCKET S」を購入することにした。

「Manfrotto POCKET S」の価格は公式ストアで3,113円、今回は新生活セールということでアマゾンで1,518円にて注文、明日には到着する予定となっている。

→今回注文したミニ三脚「Manfrotto POCKET S」のAmazon販売ページ

続き→ミニ三脚「Manfrotto POCKET S」購入レビュー、無印ポーチに入るか

関連記事
RICOH GR IIIxを注文、スマホカメラとの使い分けが決まった話。

よく一緒に閲覧される記事

SwitchBot、鍵をシェアできる「キーパッド」「キーパッドタッチ」を発表・価格

SwithBot株式会社(東京都目黒区)は7月4日、既存の玄

SwitchBot製品が8月1日より値上げ、新旧価格リスト

SWITHCBOT株式会社(東京都目黒区)は7月1日、コンシ

AirPods ProやApple Watchなど値下げに、楽天が月に1度のFLASH BARGAIN開催中

楽天が月に1度の最安値挑戦を目指すというFLASH BARGAINを

→もっと見る

PAGE TOP ↑