クアッドコア中華パッド「CHUWI V90」とGoogle Nexus 7を比較してみた

先月、デュアルコアCPU搭載の中華タブレットが登場していましたが

今度はクアッドコアCPU搭載タブレット「CHUWI V90」が現れました。

クアッドコアCPU(GPU)の性能によっては

Google Nexus 7が目新しくなくなってしまうかも知れません。

CHUWI-V90_body

クアッドコア対決!Google Nexus 7 対「CHUWI V90」

CHUWI-V90_specs

「CHUWI V90」をスペック比較から考える

海外サイトでは、あのASUS「Transformer Prime」のベンチマーク

超えたという画像が掲載されていたりとハイスペックぶりが伺えます。

Google Nexus 7が7インチのタブレットで9.7インチとの比較は難しい部分もありますが

中華パッドでクアッドコアを搭載したという快挙を讃えたいですね

バッテリーも8400mAhと妥協しない大容量を搭載しています。

GPSやBluetoothが未搭載ということが残念ですが

早期にクアッドコアを発売したGoogle Nexus 7

その思惑は違えどSDカード未搭載ですからね

やはり重量が残念ですが9.7インチであれば仕方がありません。

編集後記

いやはや恐ろしい進化スピードです。

ノートパソコンの進化するスピードとは著しく異なります。

やはりパソコンとは異なり電源押して触ればいいというシンプルさが受けているのかも知れません。

それでもシャープのザウルス時代とは打って変わってハイスピードです。

ザウルスでガラパゴスをせず、アップルのように音楽業界に恐れず手を伸ばしコンテンツを築けば

今頃シャープは。。。なんて妄想してみました。

デザインうんぬん等いろいろ問題は山積していそうですけど。。。

。。。

10月には7インチのクアッドコア登場もありえるかも知れませんね

世界の工場がアノクニである限り、メーカー製のコピペは免れないのかも知れません。

コピペ能力を進化させて先を行くということができたら尊敬できるのですが。。。

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑