16インチiPad Pro、2023年にリリースか

公開日: : Apple , ,

Appleが12.9インチのiPad Proよりも大きな16インチのiPadを2023年第4四半期にリリースする可能性が報じられた。

すでにiPadシリーズはApple siliconの搭載、ステージマネージャ機能などMac製品に近づきつつあるが、以前より噂されている14.1インチiPad Proや先日のiPad向けmacOSというリークからもMacBookの2in1モデルへと進化しているような興味深い展開となっている。

16インチiPad Proの噂。

The Informationのレポートによると16インチのiPadはグラフィックアーティストやデザイナーなど、より大きな画面を好むクリエイティブな専門家向けである可能性が高いという。

これを伝えたMacRumorsは16インチのMacBook Proと同じ画面サイズにすることでユーザーの作業領域を広げるのではないかと付け加える。

2022年初めにはディスプレイ業界アナリスト”Ross Young”氏がAppleはLEDディスプレイを搭載した14.1インチiPad Proを開発していると主張していた。

これらの情報から14インチと16インチのMacBook Proを意識した展開で、先日Majin Bu氏からリークされた”macOS 14”ベースのコードネーム「Mendocino」というiPad Pro専用の小さなmacOS(当時の記事へ)を思い出す。

大画面iPad Proシリーズが単体でmacOSのような動きをできるのか、最終的にMicrosoft Surfaceのような端末になるのかはわからない。

すでにiPadOS16ではmacOSと同じステージマネージャ機能が提供されており、近づいているのは確かだ。

個人的には物理キーボードなどトリガーを条件にmacOSモードへ移行して、通常はシンプルなiPadOSのままで使いやすさを維持してほしいところ。

また、MacBookのトラックパッドとキーボードは優秀だと思っていて、スタンディングデスク構築の際は13.3インチMacBook Air(M1, 2020)を入力端末として同じサイズの13.3インチ外部モニターを購入(レビュー記事へ)、スマホ首や猫背対策をしたこともあった。

16インチiPad Proは2023年第4四半期リリース予定、続報を楽しみに待ちたい。

前回のiPad
iPad Pro向けのmacOS開発中か、M2チップで動作

Source:MacRumors / The Information / via : iPadOS16

よく一緒に閲覧される記事

ついに「iPhone 15 Pro」でUSB-C搭載か、台湾の関連株が上昇

ついに今年、iPhoneがUSB-Cを採用するかもしれない。

iPadシリーズが最大14%OFF、Amazonタイムセール祭りでApple特集セール実施中

アマゾンジャパンが開催中のAmazonタイムセール祭りにおいてAma

アップル、M2/M2 Pro搭載「Mac mini」を発売(在庫状況、発送状況)

Appleは2023年2月3日、予定通り最新チップM2/M2 Pro

→もっと見る

PAGE TOP ↑