FireタブレットでNovaランチャー設定後、Qi充電の注意点

公開日: : 最終更新日:2023/01/08 Amazon Kindle , , ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

iPhone 12 mini用に購入したMagSafe薄型モバイルバッテリーが「Fire HD 10 Plus」でも使えた。

背面にESR製MagSafeリングがあるため、iPhoneのMagSafe対応ケースよりも強く固定されている。

しかし、Novaランチャーに切り替えていたことで少し困ったことになった。

その対処法を記録したい。

FireタブレットでNovaランチャー後の注意点

「Fire HD 10 Plus」に限らず「Fire HD 8 Plus」でもNova ランチャーに変更すると同じ症状が発生すると思うので、ランチャー変更後にQi充電を行う際は下記の点に注意した方が良いと思う。

  • Showモードの停止

NovaランチャーをメインにしてからShowモード自動切り替えONのままQi充電を行うとと次のような状態になった。

  1. ワイヤレス充電を開始
  2. ほぼ画面が真っ白になる(巨大な白いウィンドウで覆われるイメージ)
  3. ワイヤレス充電器を外しても画面は変わらない
  4. ナビバー(戻る/ホーム)アイコンが表示されず、画面操作が不能に
  5. 電源ボタンの長押し→真っ白なウィンドウの下に「電源を切る」等が表示され操作不能に
  6. 音量ボタンの連打でカメラアプリを起動して、そのナビバーからホーム画面へ脱出

これはFireOSとしてQi充電を検知してShowモードへ移行するが、強制的にNovaランチャーへ切り替えているため発生する不具合。

対処法としてはShowモードの停止が最も簡単だと思う。

ちなみにiPhone 12 mini用に購入したモバイルバッテリーで「Fire HD 10 Plus」も充電できた。

また、マグネットの強度は充電器だけを持って強く上下に動かしてもFireタブレットは落下しない程度に固定されていた。

(画像)3in1 の薄型モバイルバッテリー、iPhoneとApple Watchの同時充電・パススルーを試すより

Qi充電に対応した機種であればESR製MagSafeリング(レビュー記事へ)を装着すれば使えそうだ。

今回レビューしたタブレットの詳細はAmazon販売ページ

前回のFireタブレット
Fire HD 10 PlusにNova Launcher導入、FireToolboxレビュー

よく一緒に閲覧される記事

Fire TVシリーズ4製品が最大6000円OFFに、さらにオーナーは追加500円OFFへ

アマゾンジャパンは2024年2月1日午前9時より開催したAm

(更新)【最大7000円OFF】Fireタブレット4機種が特集セール中、底値チェック

アマゾンジャパンが2024年2月1日から開催するAmazonタイムセ

(最大54%OFF)Amazon Echoシリーズが特集セール中、初回購入なら追加500円OFF

アマゾンジャパンは2024年3月22日、スマートディスプレイ

→もっと見る

PAGE TOP ↑