iPhoneの電源ボタンに4つのショートカットを設定した話

公開日: : Apple , ,

前回の記事「ホームボタンのない「iPhone 12 mini」で便利だったAssistiveTouch設定」で行った設定と同時に使用を開始した電源ボタンのショートカット機能がある。

2週間ほど運用して意外と使わないショートカットなどがあり、ようやく4つのショートカットに落ち着いたので記事としてシェアしていく。

iPhoneの電源ボタンにショートカットを。

ホームボタンがなくなった現在、確かな感触の電源ボタンによるショートカットはオールドタイプにとって重要な存在だ。

iPhone 15からは物理ボタンと充電ポートさえなくなるというリークもあるが、ここにあるモノを活用していきたい。

さっそくだが、電源ボタンに設定したショートカットは下図左のとおり。

よく使う機能ほど親指が届きやすい下に配置している。

ここから4つの設定した機能について、何がよかったのか書いていきたい。

4つのショートカットについて

最下段にある「AssistiveTouch」は前回の記事で設定した仮想ホームボタンと言える機能、常時表示しているとアプリ操作時に誤タップしてしまうため必要に応じてON/OFFを切り替えている。

(画像)ホームボタンのない「iPhone 12 mini」で便利だったAssistiveTouch設定より

上図右のメニューをAssistiveTouchで起動すれば大抵の機能へ手の位置を変えることなく親指だけで操作できると思う。

次にある「バックグラウンドサウンド」は雨音や鳥の声を流してくれるiOSの機能で重宝している。

YouTubeにもchillな音楽などもあるが公開停止になったり、広告が爆音で流れたり、そもそも外出先では映像+音声+データ通信によるバッテリー消費も激しいのでiOS標準機能をAirPodsで流している方が快適だった。

3つめと4つめにある「カラーフィルタ」「反転(スマート)」は見やすさや集中といったことを目的に設定している。

とくにカラーフィルタは設定から赤色を強調するなどして学習の赤いフィルター効果の代用にもなるので赤字の答えを隠すなどして勉強に使うこともできる。

これらの機能を下から順に多く使用、4つに落ち着いた。

前回→ホームボタンのない「iPhone 12 mini」で便利だったAssistiveTouch設定
前回のiPhone→iPhone 12 mini(128GBモデル)購入レビュー、ストレージ速度は快適か

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchも値下げ、ビックカメラ.com限定セール開催中

ビックカメラ直営のオンラインストア「ビックカメラ.com」にて限定オ

MFi認証のパススルー充電できる小型モバイルバッテリーが特価2010円に、Amazonタイムセール

AppleのMFi認証済みでケーブルレス、ポケットに入る小さくて92

RORRY 3in1ワイヤレス充電器が特価2871円に(数量限定)

2023年1月9日に4589円で購入した「RORRY 3in1ワイヤ

→もっと見る

PAGE TOP ↑