Pixel 6a開封レビュー、新生活応援の中身チェック

公開日: : 最終更新日:2023/03/10 Google Nexus , , ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

先日注文したPixel 6aが予定通り6月8日に到着した。

具体的には、郵便局で渋谷区から3月7日0時0分に引受となり、翌日午前9時に到着となった。

この記事ではGoogleの新生活応援キャンペーンで購入したPixel 6aに含まれている同梱品などを記録していく。

Pixel 6a開封レビュー

最近のスマートフォン配送としては珍しく大きめの段ボールで届いた。

複数個を注文しても対応できるようジャストサイズではないのかもしれないが、スマートフォンを1台だけ注文したところ、下図のような状況となった。

Pixel 6a本体に加えて3つの紙が入っており、それぞれにクーポンとキャンペーンコードが印字されている。

同梱品は破棄しないように注意したい。

その中でも半透明の封筒に入っていたGoogle Playギフトカード1500円分を貼り付けた紙を開くと下図のようになっていた。

この紙には以下の特典が記されていた。

  1. Google Playギフトカード1500円分の案内
  2. ストアクレジットの受け取り方と同梱の15%OFFクーポンの案内
  3. YouTube Premium 3ヶ月間無料体験の案内

改めてみると結構なボリュームの特典となっている。

Pixel 6a本体をチェックする

Pixel 6aの化粧箱を取り出して撮影、、、お気付きだろうか。

上図中央の下に映る化粧箱の端が落下したのか少し潰れている。

これはPixel FoldやPixel 7aを購入する際に下取りとして出したときに影響しないのだろうか。

そもそも下取りに出したことがないので、下取りが本体だけで良いのかさえ知らない。

とりあえず箱が破損しているのは残念、イオシスなどの中古ショップなら査定ダウンの理由になるだろう。

化粧箱の蓋だけ交換することが可能なのか、ダメ元でGoogleに問い合わせてみることにした。

もちろん本体は傷1つない綺麗な状態だった。

Pixel 6aのディスプレイ面には白くて薄いフィルムが貼られていた。

その下段にはUSB-Cと変換アダプタ、小さな箱が入っている。

その小箱を開けると、SIMピンとサポートの用紙などが入っていた。

Pixel 6aを起動する

Pixel 6aセットアップはWiFi未接続で行ったところ、ストレージ容量は下図中央にある13GBとなっていた。

セットアップ完了後、WiFiに接続してGoogleアカウントへログインするとアプリが一斉に更新されてアプリ容量が397MBから1.9GBへ、システム容量が13GBから14GBへと増量した。

下図右がアプリ更新後のストレージ状況、14GBとなっているが先ほどの内訳をみると限りなく15GBに近いと思われる。

上図左にあるのはセットアップ直後のアプリ一覧。

Google社のアプリだけというのは壮観、その中にさりげなくあるアプリ「レコーダー」が購入目的だ。

自分で話したりYouTubeの音声を流したところ、リアルタイムで書き起こされていく様子をみて購入してよかったと思った。

最近はMicrosoftやAppleの音声書き起こし機能も実用レベルになっているが、Pixelスマートフォンのレコーダーアプリによる音声と文字が連動する書き起こしは抜きん出ている。

カメラ機能などを求めるならPixel Aシリーズはオススメできないが、翻訳機または文字書き起こし端末を探しているならPixel 6aの新生活応援キャンペーン価格は買いだと思う。

続き→Pixel 6aとiPhone12miniでカメラ対決、ボケ具合とズーム撮影
前回→「Pixel 6a」を注文、Googleストアの配達予定日など

よく一緒に閲覧される記事

Google Magic Editor、まもなくPixel 6以降で利用可能に

Googleが5月に開催している開発者イベントGoogle I/Oにお

(まもなく終了5/21まで)「Pixel8a」が実質19,800円に、Googleストア発売記念セールは買いか

Googleが本日リリースした最新スマートフォン「Pixel

Google Pixel8a 発表、販売継続中のPixle 7aとスペック・価格差ほか

Googleは日本時間2024年5月8日、Pixel Aシリー

→もっと見る

PAGE TOP ↑