8.4型「DOOGEE T20 Mini」の各種ベンチマーク、デバイス情報を記録する

公開日: : 最終更新日:2023/09/14 その他・中華タブレット ,

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

仮にも一度は「DOOGEE T20 Mini」を良いと思ったわけで、DOOGEE憎しというわけでもないので購入検討中の方へ向けてベンチマークなどを記録していきまーす。

DOOGEE T20 Miniのスコアやデバイス情報

はじめにCPU-Zでシステム情報、デバイス情報をチェック。

SoCは”T606”でオクタコア(A75x2コアとA55x6コア)という構成になっている。

続いてデバイスのタブを開く。

製品のモデル名はT20Mini(P3Mini_EEA)となっていた。

もしかすると「P3Mini_EEA」の箇所によって筆圧ペン同梱の有無が変わるのかもしれない。

RAMは物理4GB、ストレージは128GB。

今度はDevice Infoというアプリでもチェックしていく。

RAM使用状況は55%、バッテリー温度は30度。

下図はストレージの読み書き速度を計測するアプリ。

書き込み132.61MB/s、読み込み165.82MB/sということでUFSではなくeMMCなのは間違いない。

そうなるとCUBEのiPlay50 mini(Amazonへ)のUFS2.1は優秀ということになりそうだ。

「DOOGEE T20 Mini」のベンチマークを計測して平均的なスコアだとわかり、改めて筆圧ペンの存在が大きいタブレットだと再認識できた。

Google Playストアが利用できて筆圧ペンが使え、それが実用的なら破格根のAndroid版iPad mini的なポジションも狙えて大ヒット製品になっただけに残念だ。

なお、ベンチマークの記事なのにAntutuがないのはGoogle Playストアから排除されてしまったから。Antutu公式サイトからダウンロード可能なのでスコア計測は可能だが、野良アプリはマルウェアなどのリスクが高いため気をつけたい。

次回はpovo2.0の物理SIMカードを使って通信テストを行なった内容をレポートする予定。

→今回注文した「DOOGEE T20 Mini」のAmazon販売ページ

次回→povo2.0を8.4型「DOOGEE T20 mini」で通話テストとデータ通信・テザリングはできたか
前回→筆圧ペン8.4型「DOOGEE T20 Mini」購入、開封レビュー

よく一緒に閲覧される記事

タフネススマホを監視カメラに、4.3型「Blackview N6000SE」レビュー

いやはや、寒い。 標高1000mを超えた地域に住むと5月下旬だと

小さなタフネス!ラジオ付き4.3型「Blackview N6000SE」レビュー

Blackviewから新しいスマートフォン「Blackview N60

ゲームボーイな3.92型「AYANEO Pocket DMG」発表、Snapdragon G3x Gen 2など一部スペック

AYANEOは現地時間2024年5月18日、新たなハンドヘルド

→もっと見る

PAGE TOP ↑