Google、消しゴムマジックなどiOS/Androidユーザーへの無償開放を発表・スペック要件

公開日: : Google Nexus

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

Googleは米国時間2024年4月10日、Pixel所有者とGoogle Oneユーザーに提供している「消しゴムマジック」や「ボケ補正」といった有料機能をiOSやAndroidを搭載した端末利用者にも無償で提供すると発表した。

サブスクリプション契約は必要ないという。

GoogleがAI編集ツールを無償提供へ

GoogleによればMagic Editor、Photo Unblur、Magic Eraser などの強化されたAI編集機能をサブスクリプションなしで全てのGoogleフォトユーザーへ提供、サブスクリプションを契約する必要もないとしている。

非常に強力な「消しゴムマジック(Magic Eraser)」だけでも無償提供はありがたい。そこへボケてしまった集合写真などを鮮明にする「ボケ補正(Photo Unblur)」も対象に。

そして、さらに強力な人物を移動(下図)したり天気などの背景を変えてしまえる「Magic Editor」までが対象となっている。

これらの有料機能をGoogleフォトアプリさえインストールすればAndroidおよびiOSユーザーに無償提供する。

ただし、「Magic Editor」は毎月10回までに制限される。それを解除するにはPixelデバイスを購入するかGoogle Oneの2TBプラン以上を契約する必要がある。

利用できるデバイスのスペック要件

今回の無償提供が受けられる対象OSはChromeOSバージョン118以降を搭載したChromebook Plus。

RAM3GB以上のAndroid 8.0以降、iOS15以降の端末。

Magic Editorについてはシステム要件としてRAM4GB以上が必要になるとのこと。

全ての機能は2024年5月15日から数週間かけて順次提供される。

◇◆◇

Googleの消しゴムマジックは非常に強力でPixel 6aやPixel 7aを手放せない理由の1つとなっていた。もちろん持ち続ける最大の理由はPixelのカメラ性能なのだけれどスマホ1つで完結できてしまうことが驚異的だと思っている。

せっかく開発したAI編集ツール、Googleとしては利用制限を設けることで無償開放し、多くのユーザーをPixelデバイスあるいはGoogle Oneへと取り込みたいのだろう。

リンク:Google Blog

よく一緒に閲覧される記事

Googleストアで「iPhone SE3」下取りが高騰中、「PIxel 8a」が実質無料というので確かめた話。

Pixel 8aの発売記念セールを見過ごしてしまったが、キャン

Google Magic Editor、まもなくPixel 6以降で利用可能に

Googleが5月に開催している開発者イベントGoogle I/Oにお

(まもなく終了5/21まで)「Pixel8a」が実質19,800円に、Googleストア発売記念セールは買いか

Googleが本日リリースした最新スマートフォン「Pixel

→もっと見る

PAGE TOP ↑