HTC One X と僅差!原道 N70双撃 ベンチマーク・レビュー(FW更新後)

原道 N70双撃が素敵なベンチマークを叩きだしてくれました。

ASUS TransFormer Prime TF201 を抑えての2番目です。

さらには1位の HTC One X と僅差です。

今回は、Antutu と Quadrant Standard Edition で計測した記録です。

window-n70-dual-core-score1

原道 N70双撃 のベンチマーク結果

Antutuも結構な値をたたき出していますが

Quadrant Standard Edition では原道 N70双撃はまだいけると思えました。

Antutu でのベンチマーク結果

スコア「8247」と上々の出来です。

window-n70-dual-core-antutu10_R

次に人気モデルとの比較です。

Galaxy Noteを抑え3番目にきています。

やるじゃん原道 N70双撃!!

window-n70-dual-core-antutu11_R

大きめの画像です。

window-n70-dual-core-antutu12_R

Quadrant Standard Edition のベンチマーク結果

さて、ここからです。

原道 N70双撃が、どこにいるかわかりますか?

そうです!

ASUS TransFormer Prime TF201 を抑えての2番目です。

しかも1位の HTC One X と僅差です。

どこが勝っていたのか、後ほど解説してみます。

window-n70-dual-core-Quadrant01

何が原道 N70双撃のベンチマーク・スコアを押し上げたのでしょうか?

まずカラーを調べてみますと

  • 青がCPU
  • 赤がRAM
  • 緑がI/O
  • 橙が2D
  • 黄が3D

ASUS TF201 に勝った理由

ASUS TF201 が、最初にTegra 3搭載CPUで差を広げています。

しかし、原道 N70双撃がRAMで差を縮めています。

さらに I/O で追い越しています。

次の2D描写では ASUS TF201 に対して差を広げています。

最後の3D描写ではスコアは僅かの差でしたが

最終的にはスコア500近い差で原道 N70双撃 が勝利しています。

HTC One X と僅差になった理由

やはり最初のCPUでは HTC One X のクアッドコアに完敗していますが

原道 N70双撃 は、RAMとI/Oのハイスコアで僅差まで追いつきました。

その後は、同じようなスコアで差を縮めることは叶いませんでしたが

デュアルコア中華Padの原道 N70双撃が HTC One X に対して

最終的にスコア100程度の差で終了しています。

。。。

要するに、原道 N70双撃 って。。。

総合的にクアッドコア・レベルのタブレットというわけですよね?

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑