私が PIPO U1 を買わない4つの理由

公開日: : その他・中華タブレット

タブクルの投票でもPIPO U1が1位で最も関心が高そうですが

私には買えないという結論にいたしました。

その理由は4つあります。

☆すでにPIPO U1を購入済みの方はご覧いただかないようお願いいたします。

PIPO U1に思うこと

タブクルは理想のタブレットを探すブログなので

地雷率がある中華Padについて気づいたことも共有したいと思いました。

間違っていればコメントでご指摘いただけますとタブレット探しの改善に繋がると思います。

以降は、ネット上に書かれたレビューや写真を元に考察しています。

また各ショップの販売状況も判断基準にしています。

本題に入らせていただきます。

PIPO U1を買えない4つの理由

正直、PIPO U1は地雷率が高い中華Padだと思っています。

理由を箇条書きにしてみます。詳細は後述します。

  1. 分解時の中身が酷い
  2. Wi-Fiの問題
  3. Amazonでの取り扱いゼロ
  4. 某ショップからランキング操作の発表

PIPO U1の実情

【理由1】

海外のサイトで分解された中身を見た時の印象は酷かったです。

Novo7 Fireの中身と比較するとainolっていいじゃん!と思ってしまいます。

組立が整頓されていないことは設計・製造管理が雑になっていることを意味します。

それは高い地雷率を示す指針になります。

【理由2】

Wi-Fiの問題です。

無線LANへリンクが確立しない

または接続成功しても負荷を与えると切断してしまうというレビューがあり

分解して改造している方もいらっしゃいます。(参考リンク:PIPO U1 改修作業

当初、ボディをプラスティック製にしないことで期待感が高まりましたが

実際はボディ素材がWi-Fi速度に悪影響を及ぼす結果になっているようです。

アンテナの問題というレビューもありましたが

いずれにしてもSIMスロット搭載していない中華Padで

Wi-Fiの安定は、重要な要素です。

【理由3】

AmazonでPIPO U1の取り扱いショップが1店舗もありません。

某ショップの「王者降臨」というキャッチフレーズは実に成功したと思いますが

実際の売れ行きは厳しいと考えています。

理由ですが、もし本当に人気ならばAmazonで取り扱うショップが増えてもいい頃です。

仮に様子見をしているにしては、あまりにも遅すぎます。

恐らく「売れないと判断している」と考えておくのも

エンドユーザーの地雷回避術かもしれません。

【理由4】

最後の決定打ですが

ある日、某ショップが「人気ランキング更新しました。」というお知らせを掲載しました。

私は当初、個人ショップのランキングだから自動更新なんだろうなぁと思っていましたが

実際はランキングを手動で操作していました。

これは、売れている数が多い順に自動で更新されているわけではなく

売れていなくても在庫具合を見て手動で定期的にランキングを更新も出来てしまいます。

実際にそうしているとは限りませんし、真っ当なランキング発表を信じたいところですが

現在、某ショップのランキングで「PIPO U1は2位、4位、6位」を占めています。

(2012/09/14時点で全て在庫ありになっています。)

一方、Amazonではランキングどころか、取り扱いショップがありません。

Amazonはリアルで言えば、一等地で通行人も多い巨大ショッピングモールです。

そこでPIPO U1は取り扱いゼロです。

しかし、感謝もしています。

Amazonのような個人の意図が通用しない媒体で購入することが重要だと教えてくれたのです。

楽天も似てはいますが、より楽天への手数料を払ったショップがランキングを操作できる印象があります。

楽天の内情はわかりませんが、少なくとも外資系のAmazonが特定のショップとタッグを組んで

Amazonランキングを操作する可能性は限りなく低いと思います。

実際、長年利用していますが特定の商品をゴリ押ししている印象はありませんでした。

では、原道 N70双撃は失敗だったのか

個人の主観が入りますが、失敗ではないと思っています。

客観的な話として、某ショップでもランキング1位になっていますが

Amazonでも人気で取り扱いショップも複数存在します。

なによりAmazonのタブレットPC の ベストセラーで長らく3~4位を維持しています。

2012/09/14時点でも4位になっています。

中華Padの重要な要素のひとつ「ユーザー数が多い」に該当すると思われます。

MOMO9,Novo7 Aurora,原道 N70双撃,原道 N50あたりは

ユーザー数が一定以上いると思われます。

そして、実際に使えていますから失敗だったと私は思っていません。

失敗だった場合は、改善する記事を書くと思いますが空気タップぐらいでしたから。。。

しかも私のブラウザの使い方に問題があるかもしれませんし。。。

編集後記

商売の邪魔をする気はありませんが

エンドユーザー同士、地雷を踏まないよう協力しあうのも

個人ブログの役割かと思い書きました。

ブログで揚げ足取り・批判とも捉えられる文字を記事にしたくありませんが。。。

PIPO U1の件で、意外と中華Padの世界は狭いのかもと思いました。

私も発表当時、浮かれて記事を書いてしまいました。

はじめて購入する中華Padが地雷率が高い製品だったら、と考えたところ

地雷に気づいても批判を恐れて記事を書かないよりかは

素直に買わない理由を書くことが誰かのためになるのではないかと思いました。

もちろん、絶対というものは存在しません。

価格が安くなったら状況は変わります。

この記事は、現時点で私が買わない理由を記載したものなのですから。。。

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑