[値下げ] 原道 N70双撃 が1万円以下へ!!

私も現在、愛用中の 原道 N70双撃 が1万円以下になりました。

中華タブレットとしては安定していてChromeさえ使わなければ快適だと思います。

iPad だと外出には大きいので7インチの 原道 N70双撃 が強い味方です。

n70-price-down2

画像:jnhショップ

原道 N70双撃 の価格低下を考える

デュアルコア中華タブレットでもユーザー数が多い方で

価格が下がりにくいと思っていた原道 N70双撃

予想以上に早く1万円を切りました。

今回の値下げは、やはりクアッドコアのNexus 7襲来かと思われます。

19800円にAndroidストアのコンテンツ2,000円分となると

実質17,800円という魅力的な価格になります。

販売元はGoogle、製造元はASUSと

競争相手にしたくないタッグです。

そうなると、いくらSDスロットやHDMIがあるとはいえ

解像度、クアッドコアともに負けている 原道 N70双撃 は辛い勝負になります。

なにより保証が初期不良くらいなわけですから

価格を最近までの1.3万で維持するには理由が不足しています。

しかし、1万円以下なら俄然勝負ができるタブレットに生まれ変わります。

これ以上の値下げはあるのか

まだ先の話ですが、おそらく6,000円台まで下がるかも知れません。

理由は、クアッドコア(4コア)中華タブレットが2012年12月に販売予定とされ

さらにオクトコア(8コア)も前倒しで2013年Q1に登場するとされています。

デュアルコア(2コア)のタブレットが9,000円台でとどまるとは思えません。

7,000円であってもプラス3,000円でも出してクアッドコアを買うと思われます。

6,000円でデュアルコアならニーズが高まると思います。

いつ更なる値下げがあるのかという話ですが

やはり12月~来年2月くらいまでの間に大幅な値下げがあると予想しています。

そうしないと在庫を抱える事になりますから。。。

価格の記録

2012/09/30時点での価格を記録します。

つい最近まで1.5万はしていたのに。。。。

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑