Tizen搭載リフレッシュ版『Galaxy Gear』、MWC 2014で披露か―スマートウォッチ

公開日: : 最終更新日:2014/09/22 スマートウォッチ , ,

 USA Todayは現地時間2月18日、SamsungがAndroidではなくTizenを採用したスマートウォッチ『Galaxy Gear』リフレッシュ版をMWC 2014で披露する可能性を報じました。

Galaxy-gear-tizen-ro

リフレッシュ版『Galaxy Gear』、Tizen搭載か

 同メディアによるとSamsung広報はコメントを避けたとしていますが、新しいHTML5版Tizenを採用したスマートウォッチ『Galaxy Gear』リフレッシュ版をMWC 2014のイベントで披露すると伝えています。昨年リリースされた初代『Galaxy Gear』はAndroidを採用しています。

 SamsungがTizenを採用する理由として、Android がウェアラブル端末バージョンに注力を注いでいないほか、 Googleのサービス上で動作し、地図や検索サービスなど数十億ドルの広告収入が生成されていることを挙げ、Tizenによる自分の陣営を構築し多くの収益を狙う思惑が考えられるとのこと。

Tizenの話題

 Tizenのプレスリリースをみたところ、米国時間2013年2月12日にソフトバンクやZTEなど15社がTizenパートナープログラムに参加していました。

 その際に加わった企業は以下のとおり。

  • AccuWeather
  • Acrodea
  • Baidu
  • CloudStreet
  • Cyberlightning
  • DynAgility
  • Gamevil
  • Inside Secure
  • Ixonos
  • Nomovok
  • Piceasoft
  • Red Bend Software
  • Sprint
  • Softbank Mobile
  • ZTE

 NTTドコモはTizen搭載スマートフォンの発売を延期しています。

Source:USB Today

よく一緒に閲覧される記事

Apple Watchの『体育の日チャレンジ』開催中、30分ワークアウトで限定バッジ

Appleが様々な記念日にチャレンジ企画を開催しており、今回10月

未来のスマホか、1.6万円でRAM3GB搭載スマートウォッチ『KOSPET Prime 4G』が先行セール開催中 #GearBest

次世代バッテリーの性能によってはスマートフォンは腕に着けておくとい

腕につけるスマホ『Nubia Alpha smartwatch』発表・動画

Nubiaがスマートフォン並の大画面を備えたスマートウォッチ『nubi

→もっと見る

PAGE TOP ↑