10インチ(IPS) 1280x800 クアッドコア WCDMA内蔵 「Ramos W30」は約2.1万円か

公開日: : その他・中華タブレット

またもや 中華タブレット から クアッドコア の登場です。

10月発売予定で予約受付を開始しています。

複数モデルがあり、WCDMA内蔵モデルも可否がわかれています。

Antutuでベンチマークを計測している動画もあり、スコアも上々です。

さっそく、スペック表を作成してみました。

ramos_w30_images

「Ramos W30」の魅力

サムスン製のクアッドコアCPUを搭載しているようです。

3G搭載ということで次世代を感じさせてくれます。

Retinaディスプレイ搭載なら脅威のタブレットになっていたことでしょう。

スペックを見る

複数のショップが同名アイテムで異なるスペックを掲載しているため

RAMと3Gに関しては、容量や可否がわかれます。

Bluetoothもバージョンがなく「Yes」としかないため

「あり」という表記にとどめています。

ramos_w30_specs

「Ramos W30」の動画

ベンチマークを計測しています

「12057」というスコアをたたき出しています。

もう一つ動画がありました。

10月発売ということで年末を待たずして

クアッドコア祭りがやってくるかも知れませんね。

楽しみです!

Source : Aliexpress

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑