保護者機能付き7インチ『Kurio 7S』4/25発売、スペックと価格ほか

公開日: : その他・中華タブレット

 クロスリンクマーケティングがキッズ向け7インチAndroidタブレット『Kurio 7S』の予約受付を開始したと発表しています。『Kurio 7S』は最大8台までユーザー登録可能で、使用時間の制限やWebページのフィルタリングなど保護者機能が搭載されているのが特徴、トイザらスにて税込20,518円で予約受付を開始、4月25日より出荷予定。

kurio-7s-01

7インチ『Kurio 7S』のスペックと価格ほか

 『Kurio 7S』は画面サイズ7インチ(解像度:1024x600)5点タッチディスプレイを搭載、CPUにCortex-A7 1GHz デュアルコアプロセッサ(GPU:Mali-400MP2)、RAM 1GB。内部ストレージは8GB(MicroSDカードスロット搭載、最大32GB対応)。カメラは前面30万画素、背面210万画素。OSはAndorid 4.2。バッテリー容量4000mAh。 通信はWi-Fi b/g/nに対応。

 インターフェイスはMicroUSBx1基、miniHDMIx1基、前面1.5Wステレオスピーカーx2、マイクロフォン、ヘッドフォンジャック。

 本体サイズは207×140×18mm、重量530g程度。

 シリコン製保護カバー付きで、子供の手でも掴みやすくなり、衝撃吸収の役割があるとしています。

ユーザー登録機能

 1台で最大8名までユーザー登録が可能、それぞれのユーザーアカウントにわけてアプリやゲームがダウンロードできるとしています。

kurio-7s-05

 パスワードで保護されたペアレンタルコントロールエリアを使えば、通常のAndroidタブレットとして大人も楽しめるとのこと。

Kurio Genius Kid-Safeインターネットフィルタリングシステム

kurio-7s-04

 Kurio Genius Kid-Safeインターネットフィルタリングシステムにより、Webページのフィルタリングが可能、設定モードは4種類あり、子どもに合わせた設定が可能。不適切なWebサイトをブロックするなど、年齢に合わせてセキュリティレベルを設定できるとのこと。

使用時間の設定機能

kurio-7s-03

 1日における使用時間帯を設定したり、1日の最大時間を制限するなど、保護者が毎日または週単位で使用時間を設定できるとのこと。

アプリは60種類以上

kurio-7s-02

 Birds SpaceやFruit Ninja、Cut the Ropeといった子ども向けゲームアプリのほか、アメリカの教育者Mr. Nussbaum!監修の学習アプリを30以上搭載。Kurioストアからのインストールができるほか、Google Playストアにも対応。

【トイザらス先行発売】

【トイザらス先行発売】 Kurio(クリオ)7S
価格:20,518円(税込、送料別)

 Source:Kurio

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑