8コア搭載、原道『Vido M87』発表―1920x1200/デュアルSIMなどスペック

公開日: : 原道 N70双撃

 中国メーカー原道が香港で開催されたHKEF2014において、8コア/1920x1200を備えた2G/3GデュアルSIMスロット搭載Androidタブレット『原道 Vido M87』を発表しました。スペックなどを記録します。

Vido-M87-01

原道『Vido M87』のスペック

 『原道 Vido M87』は画面サイズ7インチ(解像度:1920x1200)10点マルチタッチIPS液晶を搭載したAndroid 4.2 タブレット端末。CPUはMediaTek MT6592 8コアCortex-A7 2.0GHzプロセッサ(GPU:Mali-450MP4)、RAM 2GB。内部ストレージ16GB eMMC。通信はWi-Fi、GPS、2G/3GデュアルSIM、Bluetooth 4.0、NFCをサポート。バッテリー容量3500mAh。

 カメラは前面200万画素、背面1300万画素。

 本体サイズは105.4 x 186.1 x 8.5 mm

 『原道 Vido M87』がNFCをサポートできたのは、半導体メーカー「MediaTek」製SoCのおかげとのこと。8コアは興味深いですがAndroid OSやアプリ側が対応しているのか気がかりです。

Source:zol.com

よく一緒に閲覧される記事

Vido W10 Elite – Surface 3 クローンがセール中、スペック・価格

 Surface 3と同じような背面キックスタンドを持ち高いスペックを

原道、12.2型Vido W12 Pro版(Core M3)と無印版(Atom Z8700)発表

 中国メーカー原道は現地時間5月19日、12.2インチのWindows

僅か207g?約1.3万円でHDMI/Z8300、8型『Vido W8X』は11月発売予定―スペック表

 僅か207gと超軽量な8インチのWindows 10搭載タブレットが

→もっと見る

PAGE TOP ↑