Windows8のsurface(サーフィス)vs iPad vs Novo7 Aurora2&Burningの比較表

公開日: : Microsoft Surface, News

ついにマイクロソフトが自らハードウェア事業に乗り出しました。

今回、発表された Microsoft Surface(サーフィス)は少なくとも中華パッド好きの私に「欲しいなぁ」と思わせてくれました。とりあえずSurfaceとiPadそしてnovo7のBurning,Aurora2の比較表にしてみました。

スポンサーリンク

マイクロソフトタブレットSurfaceの良いところ

  • キーボードがカバーになっている
  • スタンドがついている
  • Windows8で過去のソフトが使える(希望的観測)

とくにWindowsのソフトウェアが使えるのは仕事でタブレットを使いたい方には待ちに待った環境です。

外出時にウルトラブックも良いですが、やはりタブレットのシンプルさや携帯性をWindows8で体験できるとなると楽しみです。

カバーのキーボードですが、「ゴムのような素材」で柔らかく、打鍵してもキーがへこまないということです。

本体の素材は、「Vapor MG」という0.65mmのマグネシウム合金でマイクロソフトいわく

  • 丈夫で軽くて薄い
  • プラスチックより断然良い

とのことです。

surfaceVS iPad VS Novo7 Aurora2&Burningで比較してみた

モデル Surface for Windows RT Surface for Windows 8 Pro iPad Wi-Fi Burning Aurora 2
OS Windows RT Windows 8 Pro ios Android 4.0 Android 4.0
CPU ARMコア x86コア Amlogic8726-M6 Cortex-A9 Amlogic8726-M6 Cortex-A9
インターフェイス microSD microSDXC 30pi Dockコネクター WiFi b/g/n WiFi b/g/n
USB 2.0 USB 3.0 ヘッドフォン micro SDカードスロット(最大16GB) micro SDカードスロット(最大32GB)
Micro HD Video Mini DisplayPort Video ミニジャック mini USB2.0 OTG mini USB2.0 OTG
2×2 MIMOアンテナ 2×2 MIMOアンテナ Bluetooth 4.0テクノロジー mini HDMI mini HDMI
ステレオ ステレオ 3.5mmイヤホンジャック 3.5mmイヤホンジャック
デュアルマイクロフォン デュアルマイクロフォン
カメラ 前面および背面 前面および背面 前面および背面 前面および背面 前面および背面
Display 10.6インチ 10.6インチ 9.7インチ 7インチ 7インチ
HD フルHD 2048×1536px 1280 x 800 1024 x 600
厚さ 9.3mm 13.5mm 9.4mm 不明 11mm
本体質量 676g 903g 652g 不明 356g
電力消費 31.5Wh 42Wh 42.5Wh 不明 不明
内蔵ストレージ 32GB / 64GB 64GB / 128GB 16GB/32GB/64GB 8GB / 16GB 8GB / 16GB

surfaceの発売時期

  • Windows RTモデルはWindows 8が登場する時期に発売
  • Windows 8 ProモデルはWindows RTモデルから約90日後に発売

ではWindows 8の発売日はいつかというと「10月かも」という噂程度の情報しか存在しません。

しかしsurfaceの公開などを考えると、年内発売という感じでしょうか

surfaceの価格

気になる価格ですが、マイクロソフト曰く

「競争に勝てる価格」

とのことです。競合というのはキンドルではなくiPadだと思うので4~8万程度でしょうか。

中華パッド購入者にとって何が買いか

私は面白ければ買うのでUZONE F6 3Gにiijmioなんかが実現できたら欲しいと思います。

ドコモの白ロムをヤフオクで買っても1万円程度なので中華スマホを購入するメリットはあまりないのですが。。。

今月末にGoogleタブレットが発表されたら「発売日」によりますが買うかも

そして10月頃にWindows8とSurfaceが発売されたら買うでしょう

ただしWindows7やXpなどのソフト交互性があればの話ですが。。。

個人的な使用方法のイメージです。

  • 5インチはメールや情報収集アプリで外出時にチェックする
  • 7インチは寝モバ用、ネット閲覧とか、音声でメール作成するとか
  • 10インチのWindows8は業務ソフトを使用する仕事用、キーボードを使うような作業

そして候補は

  • 5インチはF5豪華版もしくはGalaxy Note
  • 7インチはUZONE F6 3G もしくはNovo7 Burning、Aurora2
  • 10インチはエンタメがiPad、仕事はSurface

いずれにしてもMicrosoftタブレット解禁により一層タブレット利用者が増えそうですね

そのうちAsusあたりがWindows8タブレットを格安で販売しそうです

中華パッド勢は1万以下でハイスペック、無料アプリの充実が求められるなど厳しい戦いになりそうです。

ただでさえ、AndroidOSはアプリから個人情報を抜き取るということでずさんな管理が取りざたされているので

Windows8搭載のAsusタブレットが3万以下で発売されると

Google率いるAndroidタブレットの開発メーカーは今のうちに売っとけと

ドコモやAUの営業力と2年縛りに頼ってドコモ祭りを支援するかもしれません。

来年の今頃は、エンタメのiPad、ビジネスのSurface、趣味のAndroidと落ち着くのでしょうか

Microsoft SurfaceNewsの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

日本マイクロソフト、Surface Goの発表イベントとタッチ&トライの動画を公開

日本マイクロソフトは7月17日、東京TRUNKにて開催した Surfa

Surface GoがAmazon.comで日本配送可能に、早くて割安価格で入手も

Microsoftが先日発表したSurfaceシリーズ最新モデルSur

Surface Goの予約開始、日本は2モデル展開/税込み価格やスペック詳細

日本マイクロソフトは7月12日、Surface最新モデルとなる10型2

(速報)Surface Go、日本の発売日・価格が発表

日本マイクロソフトは7月11日、米国で発表された10型2in1「Sur

Surface Goの内部・仕様を公開、Microsoft技術チーム動画

昨日発表されたSurface GoについてMicrosoftの技術チー

Surface Goの発売国が発表、日本は数週間後/LTEモデルにも言及

Microsoftは米国時間7月9日午後6時、Surfaceシリーズの

Surface Goのスペック・発売日・一部モデルの価格

Microsoftが30分ほど前に発表した新しいSurfaceとなる『

Microsoft Surface Go発表、価格は399ドル~・動画

Microsoftは米国時間7月9日、Surfaceシリーズの新モデル

Microsoftが新型Surfaceを告知、本日7月10日22時に発表か

Microsoftは米国時間7月10日6時に新しいSurfaceを発表

廉価版Surfaceは7月13日に発売か、価格・スペック

Microsoftが今週にも価格を抑えたSurface端末を発売する可

→もっと見る

  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
  • GearBest の製品レビューやセール記事一覧へ

PAGE TOP ↑