Android WearのUSBドライバが認識しない対処法―LG G Watch

公開日: : 最終更新日:2014/09/22 スマートウォッチ , ,

Android WearのをWindowsパソコンへ接続した際にUSBドライバが認識しない時の対処法や解決手順を記録します。

DSC02754

Android WearのUSBドライバが認識しない時に

 今回、LG G Watchを使用してUSBドライバの更新を行いました。

 ここからLG G Watch側で「開発者向けオプション」の表示を行い、「USBデバッグ」を有効化。その後、Windowsパソコン側でUSBドライバ導入という流れで記録します。

DSC02710

  Android Wearの設定メニューから端末情報を選択。

DSC02721

 ビルド番号を連続タップ(7回)し続け、開発者向けオプションを有効化。

DSC02727

 再び設定メニューへ戻り、「開発者向けオプション」を選択。

DSC02730

 ADBデバッグを有効化。

LG G WatchでUSBドライバをインストールする

 LG G Watchに専用クレードルを装着しUSBケーブルをパソコンと接続。

LG-G-Watch-USB-Driver-Install-01

 デバイスの設定画面が終了したら、デバイスマネージャーを開きUSBドライバを確認。

LG-G-Watch-USB-Driver-Install-02

 デバイスマネージャーを開くと「G Watch」となっており、正しく認識されていない状態になってしまいました。

 この状態ではADBコマンドを入力しても対象デバイスが見つからないというメッセージが流れてしまいます。

 Android SDKのアップデートまたは「Google USB Driver」を導入する方法がありますが、シンプルな方法として後者を選択。Google USB Driverをダウンロードしたら「latest_usb_driver_windows.zip」をAndroid SDKなどと同じ場所で解凍しておきます。

 再びデバイスマネージャーに戻り「G Watch」を右クリック、「ドライバソフトウェアの更新」から手動で検索を選択。

LG-G-Watch-USB-Driver-Install-05

 「ドライバーソフトウェアを検索」で「latest_usb_driver_windows.zip」の解凍場所を選び「次へ」を選べば正しいUSBドライバがインストールできます。

 しかし、ドライバが見つからないという表示が出てしまった場合は、上図にある「一覧から選択」を選びます。

LG-G-Watch-USB-Driver-Install-06

 ドライバの選択画面で「AndroidComposite ADB Interface」を選択。

LG-G-Watch-USB-Driver-Install-03

 上図のように「Android Device」→「AndroidComposite ADB Interface」と表示できたらADBコマンドを実行し問題がなければ成功です。

 以上でLG G Watchの正しいUSBドライバがインストールできました。

 次回は「LG G Watch」のブートローダーアンロックを記録する予定です。

 「LG G Watch」関連の記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

Pixel Watchは延期、2022年Q1リリースか

Googleのスマートウォッチ「Pixel Watch」について、最も

Pixel WatchでSuicaはあるか、スマートウォッチ各社のFeliCa対応状況

何度も浮かんでは消えて「幽霊船」と呼ばれたSurface Phoneや

スマートウォッチでコロナ感染を確認する方法、最大7日前に検知可能とも

CBSニュースはスマートウォッチや活動量計による心拍数や皮膚温度といっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑