Surface Pro 3 で「ドラゴンクエストⅩ」ベンチマーク計測―10ヶ月前のYoga 13と比較

公開日: : Microsoft Surface

毎回恒例となっている「ドラゴンクエストⅩ」ベンチマーク計測、今回は「Surface Pro 3」で行った結果と同等スペックで約10ヶ月前に計測したYoga 13との比較を記録します。

surface-pro-3-dqx-bench-01

Surface Pro 3 で「ドラゴンクエストⅩ」ベンチマーク計測

 「Surface Pro 3」は電源を接続した状態で、電源プランは「バランス」(他の選択肢なし)という状態でベンチマークを測定しました。

 記事冒頭の画像は最も負荷の少ない低品質、640x480で計測した「Surface Pro 3」のスコア「6828:快適」。

surface-pro-3-dqx-bench-02

 続いて同じく低品質/1280x720で計測、解像度が上がると900ほど落ちて「4926」。

surface-pro-3-dqx-bench-03

 低品質の最後、解像度を1920x1080へアップすると「2455」という結果に。

Surface Pro 2 でドラクエXベンチ:標準品質で試す

surface-pro-3-dqx-bench-04

 ここからは標準品質で試した結果、初めは解像度640x480で「5680:快適」という結果。

surface-pro-3-dqx-bench-05

 次の1280x720では「3724:普通」。

surfacepro3-01

 最後は1920x1080でフルスクリーン、「2243:やや重い」という結果になりました。

Surface Pro 2 でドラクエXベンチ:最高品質で試す

surface-pro-3-dqx-bench-06

 最後は最高品質でテスト、640x480では「5364:快適」。

surface-pro-3-dqx-bench-07

 次の1280x720では「3496:普通」。

surface-pro-3-dqx-bench-08

 最後の1920x1080でフルスクリーンは「1788:重い」という結果になりました。

約10ヶ月前に計測したYoga 13と比べる

 今から約10ヶ月前に手持ちのノートPC『Lenovo IdeaPad Yoga 13』で同じくドラクエXベンチマークを試しました。主なスペックは画面サイズ13.3インチ、CPUは「Corei7-3517U 1.90GHz 2.40GHz」、RAM 8GB、SSD128GB。

 電源コードを接続し、電源プランを「高パフォーマンス」に設定して測定しました。

dq-bench-09

 低品質で640x480のスコアは「4457:普通」でした。

 「Surface Pro 3」のスコアは「6828:快適」だったので性能UPは間違いなさそう。

dqx-bench-lenovo-01

 今度は標準品質の1280x720で計測、「3601:普通」。(Surface Pro 3は「3724:普通」。)

 一気に同じようなスコアになりました。熱の問題でしょうか。

 残念ながら「Yoga 13」には解像度1280x720が限界なので1920x1080の比較はできません。

 しかし、最後は興味深いスコアです。低処理であれば「Surface Pro 3」は i7 が高いパフォーマンスを発揮し、負荷がかかると一気にダウンするということでしょうか。

 次回は nasne でテレビを視聴できるか試した内容を記録する予定です。

 Surface Pro 3 関連の記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

個人向け『Surface Go LTEモデル』発売、メモリ8GBなどスペック・価格

日本マイクロソフトは1月29日、一般消費者向けにSurface Go

Surface Go向け『Microsoft Classroom Pen』発表、教育機関に

Microsoftは米国時間1月22日、Surface Goでの使用に

日本MS、『Surface Studio 2』の発売日を1/29と発表/一般・法人向け価格 #Surface #SurfaceStudio

日本マイクロソフトは1月15日、Surfaceシリーズのオールインワン

→もっと見る

PAGE TOP ↑