99ドル(約1万円)のWindows8.1タブレット『KingSing W8』予約開始―スペックほか

恐らく最安のWindows 8.1搭載タブレットとなる『KingSing W8』が海外オンラインショップで予約開始しています。

KingSing W8

最安Windows 8.1タブレット『KingSing W8』のスペック

 『KingSing W8』は画面サイズ8インチ(解像度:1280x800)IPS液晶。CPUにIntel Baytrail-T Quad Core 1.8GHz、GPU:Intel HD Graphic(Gen7) 、RAM 1GB、内部ストレージ16GB。カメラは両面200万画素(一部の情報では背面500万画素)。

 通信はWi-Fi b/g/n、Bluetooth 4.0。

 インターフェイスはMicroUSB、MicroHDMI、3.5mmイヤホンジャック。

 本体サイズは207.5x122.6x10mm、重さは不明。

KingSing W8.1

 『KingSing W8』の販売価格は99ドル/72ユーロといずれも約1万円ほどの低価格、今後数週間以内に発売される模様。

 これまで約1万円のWindowsタブレット『Emdoor EM-i8080』約1.6万円の8型Windowsタブレット「Livefan F8C」がありましたが最安と言えるタブレットが登場しました。

(追記)

 banggood.comでは126.99ドルで予約受付を開始しています。

よく一緒に閲覧される記事

3キャリア対応/RAM4GB/6.49型スマホが12720円に、アマゾン特選1日セール

アマゾンジャパンが毎日開催しているタイムセールにおいてメモリ4GB

世界最小スマホ再び、まもなくRAM6GB「Jelly 2」登場・価格・スペック

2017年にUnihertzが2.45インチという世界最小のLTEスマ

8型UMPC「Reevo」登場、最大2TB SSDや筆圧ペンなどスペック・価格

エッジニティ(大阪)は、クラウドファンディングのCamp fire

→もっと見る

PAGE TOP ↑