約1万円の7型Windowsタブレット『CUBE iWork7』発売―スペックほか

公開日: : その他・中華タブレット ,

 約1.02万円(599元)の7型Windowsタブレット『CUBE iWork7』が発表され、スペックやプレス画像が公開されました。

CUBE-iwork7

『CUBE iWork7』のスペック、価格ほか

 『CUBE iWork7』が最大の特徴としているのは重量280gという軽さと、世界最薄のタブレットという「最薄部の厚み」が5.95mmという薄さであるようです。

CUBE-iwork7.1

 『CUBE iWork7』は画面サイズ7インチ(解像度:1280x800)IPS液晶を搭載、CPUにはIntel Atom BayTrail-T Z3735Gクアッドコアプロセッサ、RAM 1GB、内部ストレージ16GB(使用済み4.82GB/空き領域14.1GB)。OSはWindows 8.1。カメラは前面200万画素/背面は不明。バッテリー容量は3,500mAh。

 7月31日の『CUBE iWork7』発表記事でインターフェイス部分が不明でしたが、インターフェイスはMiniHDMI/MicroSDカードスロット/MicroUSB/3.5mmイヤホンジャックとなっているようです。

 本体サイズは190.8x111x8.8mm(最薄部は5.95mm)、重量280g。

 以前は8月上旬の発売予定とされていましたが少し遅れた9月の発売となりました。在庫数は938件とのこと。

 tmallにおける販売価格は599元(約1.02万円)となっています。日本では輸入業者の手数料をプラス6,000円と考えた場合、約1.6万円ほどで購入できるかもしれません。

Source:tmall

よく一緒に閲覧される記事

OneMix 3Sで日本語入力、追加ソフトなしでキーボード設定を変更

OneMix 3Sに限らず海外製ノートパソコンは日本語入力を想定し

小型ノートPC『OneMix 3S Platinum』でPCゲームは遊べるか、熱問題・ファン音など

ONE-NETBOOKが小さな筐体に筆圧感知やRAM16GBなどを

OneMix 3Sの排熱問題、ONE-NETBOOK提供の画像と解説で知る

前回のレビューで排熱の為なのか不明だがファンが回転するという話をし

→もっと見る

PAGE TOP ↑