IPカメラ監視アプリ『tinyCam Monitor PRO』がAndroid Wear搭載スマートウォッチ対応に

 IPカメラを監視できるAndroidアプリ『tinyCam Monitor PRO』が最新バージョン5.6において、Android Wear搭載スマートウォッチ対応になりました。

tinyCam.1

『tinyCam Monitor PRO』がAndroid Wear対応

 『tinyCam Monitor PRO』をAndroid Wearで利用するためには「OK Google. Start tinyCam Monitor」とスマートウォッチへ話しかけるか、「Cast to Android Wear」とスマートフォンにお願いする、または直接アプリを起動する方法があるとのこと。

 Google Playの説明欄には動画のリンクがあり、Phandroidが公開したAndroid Wear搭載スマートウォッチで『tinyCam Monitor PRO』を試す内容が確認できます。

 動画を見た限り動作は軽快で、IPカメラの切替も右へスワイプしてから目的の場所を選択するだけのシンプル操作となっています。

 Android Policeはバッテリー消費が激しくなることを指摘、確かにスマートウォッチは全て500mAh以下となっているので僅かな空き時間に見る程度となりそうです。ペアリング済みのスマートフォンもまた中継デバイスとしてバッテリーが消費されるため可能であればスマートフォンで見るのが良いかもしれません。

 『tinyCam Monitor PRO』について調べてみると3G回線の動作報告もありました不要になったAndroid端末とモバイルバッテリーを使って自動車内や駐車スペース、自転車置き場などに設置しておくと何かしら安心が得られるかもしれません。個人的にはペットの様子を確認するのに使いたいと思いました。

Source:Google PlayAndroid Police

よく一緒に閲覧される記事

Pixel Watchは延期、2022年Q1リリースか

Googleのスマートウォッチ「Pixel Watch」について、最も

Pixel WatchでSuicaはあるか、スマートウォッチ各社のFeliCa対応状況

何度も浮かんでは消えて「幽霊船」と呼ばれたSurface Phoneや

スマートウォッチでコロナ感染を確認する方法、最大7日前に検知可能とも

CBSニュースはスマートウォッチや活動量計による心拍数や皮膚温度といっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑