約1.67万円で電磁ペン!8型『PIPO W5』発表、価格やVIDO W8Sとスペック比較ほか―Windowsタブレット

公開日: : PIPO

 電磁式スタイラスペンを搭載した8インチWindowsタブレット『PIPO W5』が発表されました。価格は899元(約1.67万円)。

PIPO-W5.5

『PIPO W5』のスペックと画像、価格

 『PIPO W5』と『原道 Vido W8S』は”電磁ペン”を搭載した8インチのWindowsタブレットで、ASUS VivoTab Note 8の後継機種として(勝手に)期待しています。

PIPO-W5.1

 2機種のスペック比較表です。

 タブクル調べ
 tabkul.com
PIPO W5 原道 Vido W8S
OS Windows 8.1 Windows 8.1
CPU Intel Atom Z3735Fプロセッサ
1.33-1.83GHzクアッドコア
Intel Atom Z3735Fプロセッサ
1.33-1.83GHzクアッドコア
ストレージ 32GB eMMC 128GB
SDカード MicroSDカード MicroSDカード
RAM 2GB DDR3 2GB
液晶 8インチ 8インチ/IPS液晶
解像度 1280x800 1280x800
前面カメラ 200万画素 不明
背面カメラ 500万画素 800万画素
Wi-Fi 不明 不明
GPS 不明 不明
Bluetooth 不明 不明
HDMI  不明 HDMI(恐らくMicro)
サイズ 不明 不明
重さ 不明 不明
バッテリー 4500mAh 不明
価格 899元 不明

 

『PIPO W5』の画像

PIPO-W5.2

 『PIPO W5』のカラーはホワイト/シルバーで、他の色があるのかは不明。

PIPO-W5.3

 前面カメラは200万画素、解像度は1280x800。

PIPO-W5.4

 スタイラスペンは細く、VivoTab Note 8 を彷彿とさせます。

Vido-W8-01.4

 次に 『原道 W8S』(Vido W8S)ですが、スタイラスペンについては絵を描いている画像が公開され、デジタイザペン内蔵という情報もありました

 2機種の説明には、いずれも”电磁笔”という記述があり、前回のTOSHIBA Encore 2 Writeの時に調べた内容から「静電結合方式」ではなく、VivoTab Note 8と同じ「電磁誘導方式(EMR/Electro Magnetic Resonance technology)」を採用したペン入力が行える可能性が期待できます。

 『PIPO W5』は価格は899元(約1.67万円)で8GBのMicroSDカードがプレゼントされるようです。

Source:PIPO

8インチWindowsタブレットの人気投票

筆圧感知やHDMI出力対応、薄型軽量など8インチWindowsタブレットの人気投票です。

2件のコメント

  1. 「ASUS VivoTab Note 8」

    Vivoは未所持だけどデジタイザが気になる。W4は地味にマグネットスリープに対応しているので持ち歩きが捗る。

    2014年12月10日 01時33分/No.5487cd371af24
  2. 「DELL Venue 11 Pro 7000」

    LTE対応モデルもでたし、期待できる。

    2014年12月15日 04時40分/No.548e9072a02d7

よく一緒に閲覧される記事

1024段階ペン対応ミニPC『New PiPO X10』と『PiPO X11』発表、デュアルブートなどスペック

中国メーカーPiPOは香港で開催されたイベントにおいて、筆圧感知102

PiPO KB2発表、折り畳みキーボード型ミニPC―日本で発売予定・スペック

 中国メーカーPiPOから折り畳み式キーボードのスタイルをしたミニPC

7.85型+Rockchip RK3288WなWindows 10 Mobile版タブレット『PIPO U8T』発表―スペック

 中国メーカーPIPOがCES 2016においてRockchip製So

→もっと見る

PAGE TOP ↑