Surfaceクローン『Remix Ultra Tablet』を元Google社員らが発表 #CES2015

 Surfaceライクな外観にマルチウィンドウ対応のAndroidベース「REMIX OS」を採用した『Remix Ultra Tablet』が元Google社員3人より発表されました。

Remix-Android-Tablet

限りなくSurfaceな『Remix Ultra Tablet』登場

Remix-Android-Tablet.1

 『Remix Ultra Tablet』は40度/80度の角度をサポートする背面キックスタンド、着脱式のキーボードカバーを備えているほか、キックスタンドの内側にはMicroSDカードスロットが配置されているなど限りなくSurfaceに近いデザインとなっています。

REMIX OSはマルチウィンドウに対応

Remix-Android-Tablet.3

 OSはマルチウィンドウに対応しタスクバーのようなスペースが設けられたAndroidベースのREMIX OSを搭載、2015年1月時点でAndroidはマルチウィンドウに対応していないのでWindowsに近いAndroidといえます。

Remix Ultra Tabletのスペック

 画面サイズは11.6インチで、CPUにNVIDIA Tegra 4 、RAM 2GB 、内部ストレージ64GB、MicroUSB2.0ポートを備えています。

Remix Ultra Tabletの紹介動画

 仕事から遊びまで全てのデバイスを1つにまとめて、、、まさにSurfaceクローンといえるデバイスです。

JIDE社の話

Remix-Android-Tablet.2

 『Remix Ultra Tablet』を制作したJIDEは「Google Search」と「AdWords」「Google Maps」で働いていた元Google社員3人がつくった会社で、ハードウェア関係に従事していないのも凄いところです。

 ここまで酷似していると実際に発売できるのかどうか、、、。

[yop_poll id=”25″]

Source:JIDE

よく一緒に閲覧される記事

日本語も用意したRAM16GBな8.4型『One Mix 3 Pro』予約開始、スペック・価格

Intel最大4.0Ghz クアッドコアにメモリ16GB/ストレー

ドンキが9980円の電子書籍タブレット『読みまくリーダー』(YMR8-DS)発表、スペック・発売日

ドン・キホーテは9月25日、プライベートブランド「情熱価格」より電

OneMix 3Sで日本語入力、追加ソフトなしでキーボード設定を変更

OneMix 3Sに限らず海外製ノートパソコンは日本語入力を想定し

→もっと見る

PAGE TOP ↑