Surfaceクローン『Remix Ultra Tablet』を元Google社員らが発表 #CES2015

 Surfaceライクな外観にマルチウィンドウ対応のAndroidベース「REMIX OS」を採用した『Remix Ultra Tablet』が元Google社員3人より発表されました。

Remix-Android-Tablet

限りなくSurfaceな『Remix Ultra Tablet』登場

Remix-Android-Tablet.1

 『Remix Ultra Tablet』は40度/80度の角度をサポートする背面キックスタンド、着脱式のキーボードカバーを備えているほか、キックスタンドの内側にはMicroSDカードスロットが配置されているなど限りなくSurfaceに近いデザインとなっています。

REMIX OSはマルチウィンドウに対応

Remix-Android-Tablet.3

 OSはマルチウィンドウに対応しタスクバーのようなスペースが設けられたAndroidベースのREMIX OSを搭載、2015年1月時点でAndroidはマルチウィンドウに対応していないのでWindowsに近いAndroidといえます。

Remix Ultra Tabletのスペック

 画面サイズは11.6インチで、CPUにNVIDIA Tegra 4 、RAM 2GB 、内部ストレージ64GB、MicroUSB2.0ポートを備えています。

Remix Ultra Tabletの紹介動画

 仕事から遊びまで全てのデバイスを1つにまとめて、、、まさにSurfaceクローンといえるデバイスです。

JIDE社の話

Remix-Android-Tablet.2

 『Remix Ultra Tablet』を制作したJIDEは「Google Search」と「AdWords」「Google Maps」で働いていた元Google社員3人がつくった会社で、ハードウェア関係に従事していないのも凄いところです。

 ここまで酷似していると実際に発売できるのかどうか、、、。

[yop_poll id=”25″]

Source:JIDE

よく一緒に閲覧される記事

3型Jelly 2受付開始で早くも5千万円を獲得、RAM6GBな超小型おサイフケータイ

UnihertzがRAM6GBにFeliCaをサポートする3インチ

3キャリア対応/RAM4GB/6.49型スマホが12720円に、アマゾン特選1日セール

アマゾンジャパンが毎日開催しているタイムセールにおいてメモリ4GB

世界最小スマホ再び、まもなくRAM6GB「Jelly 2」登場・価格・スペック

2017年にUnihertzが2.45インチという世界最小のLTEスマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑