遂にデュアルOS!『原道 Vido W7』がリーク、WindowsとAndroidを自由に切替可能

公開日: : 原道 N70双撃

 ASUSが叶えられなかった夢を原道 Vidoが実現するのでしょうか、Windows と Android のデュアルOS搭載7型タブレット『原道 Vido W7』がリークされ一部スペックが判明しました。

Vido-W7.01

『原道 Vido W7』のスペック

 『原道 Vido W7』は画面サイズ7インチ(1,280x800)IPS液晶、CPUはIntel Atom Z3735Gプロセッサ 1.33GHz~1.84GHzクアッドコア、RAM 1GB。HDMI出力をサポートしています。

OSは自由に切り替え可能

Vido-W7.02

 『原道 Vido W7』はWindows 8.1とAndroid 4.4を自由に切り替えできるのが最大の魅力です。

原道 Vido W7のストレージ

Vido-W7.03

 内部ストレージは32GB eMMC、外部メモリとしてMicroSDXCカード最大128GBに対応。

7型で小型軽量、持ち運べるデュアルOSタブレット

Vido-W7.04

 タブレットで最も持ち運びやすい7型サイズで、重さも266gと軽量。Android / Windows が自由に切り替えできるということで2つのタブレットを『原道 Vido W7』1台にまとめることができます。

『原道 Vido W7』の発売日や価格ほか

 『原道 Vido W7』の発売日・価格やスペック詳細は不明です。

 これまでWindows 8 をインストールしたタブレットでAndroidもインストールできるといった表現が多く見受けられましたが今回はデュアルOSで自由に切り替えできるというレアなタブレットが登場しました。内部ストレージ32GBとRAM1GBというスペックに不安を覚えますが新たな一歩として楽しみになってきました。

 MicrosoftとGoogleが了承したとは思えませんが中国メーカーがデュアルOS搭載タブレットを出してくる可能が大きくなり今後の展開に注目です。

 前回の原道
 筆圧感知/3G内蔵の『原道 W8S(Vido W8S)』発売―VivoTab Note 8とスペック比較、価格

Source:PadNews

(追記)

 Chuwiよりデュアルブート対応タブレットが発表されOS切り替え動画も公開されました。1月16日より発売予定。

 デュアルブート対応『Chuwi Vi8 超級版』発表、スペックと発売日・価格/OS上から簡単に切替可能

よく一緒に閲覧される記事

Vido W10 Elite – Surface 3 クローンがセール中、スペック・価格

 Surface 3と同じような背面キックスタンドを持ち高いスペックを

原道、12.2型Vido W12 Pro版(Core M3)と無印版(Atom Z8700)発表

 中国メーカー原道は現地時間5月19日、12.2インチのWindows

僅か207g?約1.3万円でHDMI/Z8300、8型『Vido W8X』は11月発売予定―スペック表

 僅か207gと超軽量な8インチのWindows 10搭載タブレットが

→もっと見る

PAGE TOP ↑