Google、Androidバージョン別シェアを更新/Lollipopは3.3%に

公開日: : Android

 Googleは昨夜、Android ディストリビューションデータを更新し、過去7日間に収集された数字を公開しました。

 Lollipopは先月の1.6%から3.3%へ増加など普及率に変化が見られます。

Google-Android-Platform-Versions-20150302

Google、Androidバージョン別の普及率を更新

 コードネーム別に見るとKitKatは39.7%から40.9%へ増加、Lollipopも1.6%から3.3%へ増えている一方、Jelly Beanは44.5%から42.6%へ減少しています。

 Lollipopの普及率はGoogleが望んでいるほどのスピードではないようですが、MWC 2015で発表されたデバイスの多くは初期OSとしてLollipopを採用しているため、今後は増加する見込みです。

 普及にはAndroidアプリの対応なども影響するため時間はかかりそうです。しばらくはKitKatまたはJelly Beanで待機したほうが多くのアプリが使えると思われます。

Source:Google

よく一緒に閲覧される記事

Googleが『Android10』(Android Q)をリリース、10個の目玉機能

米Googleは現地時間9月3日、これまでAndroid Qとして

Android端末をroot化する7つのメリット、デメリット

Fire HD 8 タブレット(2018)モデルでroot化できる

次期Android Qで進むPC化、マルチディスプレイを「デスクトップモード」で実装へ

Googleは次期モバイルOS「Android Q」において新たに

→もっと見る

PAGE TOP ↑