約1.59万円、デュアルブート対応8.9型PLS液晶『PIPO Work-W6S』発表―スペックと価格

公開日: : PIPO ,

 中国メーカーPIPOが新たにWindows 8.1とAndroidを切り替えられるデュアルブートに対応8.9型PLS液晶『PIPO Work-W6S』を発表しました。

PIPO-Work-W6S-02

『PIPO Work-W6S』のスペックと価格

 『PIPO Work-W6S』はWindows 8.1 with Bingを搭載したタブレットとして販売されていましたが、新たにHDMI出力とAndroid 4.4 KitKatのデュアルブートに対応したモデルを発表しました。

PIPO-Work-W6S-00

 解像度1,920x1,200にPLS液晶を備えたディスプレイには前面500万画素カメラを搭載。

PIPO-Work-W6S-01

 背面には200万画素のカメラを搭載しています。

『PIPO Work-W6S』のスペック

 タブクル調べ
 tabkul.com
PIPO Work-W6S PIPO W6
OS Windows 8.1+Android 4.4 Windows 8.1 with Bing
CPU Intel Atom Z3735Fプロセッサ
1.33-1.83GHzクアッドコア
Intel Atom Z3735Fプロセッサ
1.33-1.83GHzクアッドコア
RAM 2GB 2GB
ストレージ 64GB 32GB
SDカード MicroSDカードスロット3 MicroSDカードスロット
液晶 8.9 インチ(16:10)/PLS液晶 8.9 インチ/IPS液晶
解像度 1920×1200 1920×1200
前面カメラ 200万画素 200万画素
背面カメラ 500万画素 500万画素
Wi-Fi 802.11b/g/n 802.11b/g/n
GPS GPS搭載 GPS搭載
Bluetooth 搭載 搭載
USB MicroUSB  
HDMI  MHL 搭載
サイズ 232 x 148.6 x 8.6mm 不明
重さ 不明 不明
バッテリー 6,500mAh 6000mAh

 バッテリー駆動時間は7~10時間、Gセンサー搭載。

 MicroSDカードスロットの横にSIMカードスロットが設けられているのは従来のモデルと同じ仕様で3G(WCDMA)に対応しています。GPS搭載。

 

PIPO-Work-W6S-03

 HDMI出力サポートということで製品画像を確認しましたがHDMIポートは見当たりません。そのため、MicroUSB経由でHDMI出力ができるMHL対応という意味だと思われます。

『PIPO Work-W6S』の価格

 『PIPO Work-W6S』はWi-Fiモデルが799元(約1.59万円)、3Gモデルが899元(約1.79万円)、いずれも内部ストレージは64GBとなっています。

 PIPO Work-W6の詳細は過去記事(約1.77万円、8.9型Windows『PIPO Work-W6』発表―スペックと価格)より確認できます。

 PIPOはミニPCのようなタブレット『PIPO X8』を発表するなど果敢なチャレンジもしています。

 前回のPIPO
 約9,600円、デュアルブート版8型タブレット『PIPO Work-W4 双系統』発表/スペック

Source:Weibo

よく一緒に閲覧される記事

1024段階ペン対応ミニPC『New PiPO X10』と『PiPO X11』発表、デュアルブートなどスペック

中国メーカーPiPOは香港で開催されたイベントにおいて、筆圧感知102

PiPO KB2発表、折り畳みキーボード型ミニPC―日本で発売予定・スペック

 中国メーカーPiPOから折り畳み式キーボードのスタイルをしたミニPC

7.85型+Rockchip RK3288WなWindows 10 Mobile版タブレット『PIPO U8T』発表―スペック

 中国メーカーPIPOがCES 2016においてRockchip製So

→もっと見る

PAGE TOP ↑