3DS風Androidタブレット『GPD XD』購入、開封レビュー

 3DS風Androidタブレット『GPD XD』が到着しました。さっそく開封レビューを記録したいと思います。

GPD-XD-Unboxing_2707

『GPD XD』購入&開封レビュー

 『GPD XD』はアマゾンのAmazonマーケットプレイス出品者「A Trading Firm」さんがプライム対応だったので購入しました。

GPD-XD-Unboxing_2708

 化粧箱の前面(記事冒頭の画像)には笑うイラストがあり、背面にはGPD Technologyのモットーなのか”When you smile, the world loves him;”などが綴られていました。

GPD-XD-Unboxing_2710

 化粧箱の封はなく、マグネットで開閉できるようになっていました。

GPD-XD-Unboxing_2711

 『GPD XD』本体とMicroUSBケーブル、ACアダプターが置かれています。

説明書

GPD-XD-Unboxing_2712

 『GPD XD』の下には説明書がありました。

GPD-XD-Unboxing_2713

 説明書には合格証や各パーツの説明が書かれています。

付属のACアダプター

GPD-XD-Unboxing_2715

 『GPD XD』や「GPD」といった名前は印字されていないACアダプターですが、これまでの中国メーカー製タブレットに付属していたACアダプターより小さく綺麗でした。

『GPD XD』本体を確認する

GPD-XD-Unboxing_2725

 折り畳み機構は堅すぎず柔らかすぎずで使いやすく、役目を果たしていました。

GPD-XD-Unboxing_2719

 「3DS LLだよ」と言われたら信じてしまうほど外観は似ています。

GPD-XD-Unboxing_2721

 底面は4つのゴム脚と16GBというシールが貼られていました。

インターフェイス

GPD-XD-Unboxing_2723

 前面はスッキリしていて、背面にMicroUSBやMiniHDMI、MicroSDカードスロット、イヤホンジャックが配置されています。

折り畳み角度を見る

 『GPD XD』は基本的に自由な角度で使えますが、特定の位置で2度ほど止まります。

GPD-XD-Unboxing_2726

 1つめの位置、ピタッと止まります。

GPD-XD-Unboxing_2727

 2つめの停止位置。

GPD-XD-Unboxing_2729

 最大角度で止めてみました。

ハードキー、ボタンを見る

GPD-XD-Unboxing_2731

 アルプスやオムロンといった日本メーカーのジョイスティックとキーを採用していると謳うだけあり、ゲームコントローラーに近い仕上がりに感じました。

GPD-XD-Unboxing_2732

 ボタンの位置も押しやすく、親指と手のひらがスピーカーを隠さないように設計されているようです。

GPD-XD-Unboxing_2733

 中央には左から音量/電源/最近使ったアプリ/キーマッピングが配置されています。

 次回は『GPD XD』を実際に起動して使用感を記録したいと思います。

『GPD XD』の価格

 『GPD XD』は16GBモデルと32GBモデルが販売されています。

GPD XD 16GB

GPD XD 16GB

GPD XD 16GB
GPD
価格: 21,480円 レビュー1件(2015/12/18現在)

16GBモデル



GPD XD 32GB

GPD XD 32GB 黒 5インチIPS液晶 Android 4.4 ブラック HDMI搭載 Miracast搭載 ゲーミングタブレット [並行輸入品]

GPD XD 32GB
GPD
価格: 23,480円 レビュー-件(2015/12/18現在)

32GBモデル



 カラーバリエーションはブラックとブルー、レッドの3色展開です。

 前回の話
 3DS風ゲーミングタブレット5型『GPD XD』は買いか、スペックと価格

よく一緒に閲覧される記事

前面1600万画素カメラ搭載の1.1万円スマホ登場、GeForce+RAM8GBなXiaomiノートPCが79,558円など18製品クーポン #Banggood

外部GPUを搭載したノートパソコンというだけで高額なイメージを持ってし

SB回線と良好なSD845+RAM6GB搭載スマホが30,454円に、Banggoodが一挙14製品にクーポン

日本での販売に力を入れているBanggoodよりSnapdragon

まもなく7型『OneMix2S」日本上陸、家電量販店で販売へ

テックワンは3月13日、中国深センのONE-NETBOOK Techn

→もっと見る

PAGE TOP ↑